蔵のある家は、物をどうやって収めるかばかり考えてた時代の産物

ミサワホームの「蔵」って、いまだに耳にしますね。

ちなみに、ミサワホームのGENIUS「蔵のある家」は、1996年、業界で初めて、グッドデザイン・グランプリを受賞しています。建築物では、その後も大賞(グランプリ)は出てきていますが、住宅はこれだけですね。

about_img1

建築基準法の「天井高1.4m以内でかつ床面積の1/2以内の広さなら、床面積に含まれない」という規定でかいくぐった、目の付け所は面白いですよね。コロンブスの卵的発想です。

たまたまpresidentで、蔵のある家の広告記事を見かけましたので、ちょっと再注目してみようかなと(笑)

プレジデント社特別広告企画・特集記事

プレジデント社特別広告企画・特集記事

大収納空間「蔵」は生活空間を豊かに、ライフスタイルに合った多彩な暮らしを演出する|PRESIDENT

四季の変化に富み、そのときどきの行事や祭事を楽しむ、日本ならではの暮らし。ただ、それには「季節外れのモノ」や「年に1度しか使わないモノ」をいかに保管するか、という課題がつきまとう。

当時は、物をどうやって収めるかばかり考えてた時代だからこそ、蔵という発想が評価を得たんでしょうね。多分、年に1度しか使わないなら、持つ必要はないと思う人も少なかったでしょうし、また物を減らそうなんて考えを持つ方も少なかった時代だったと思います。

これからの時代、物を収めることよりも、物との付き合い方を再確認し、不要なものを減らす発想がないと、コストが掛かるばかりだけでなく、暮らす力は間違いなく低くなります。

収納が永遠の悩みになっているわけですから、「物との付き合い方を考える」ことを、義務教育で取り入れるべきだと思っています。

 

2050年の住宅ビジョン

2050年の住宅ビジョン

  • 作者:三沢 千代治
  • 出版社:プレジデント社
  • 発売日: 2001-04

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem