強みもターゲットもわからぬまま集客しても効果はない!

2011年8月、ヤマダ電機が中堅ハウスメーカー「エス・バイ・エル」を買収し、住宅事業に参入してきたのは、住宅業界内でもニュースになりました。

省エネ性能の高いエアコンやテレビなどの家電製品、家庭向けの発電・蓄電装置、電気自動車(EV)を組み合わせた住宅を提案していくということでしたが・・・

肝心の住宅は売れてないようですね。

ヤマダ電機、住宅事業の高い目標に湧く疑問

家電量販業界の巨人、ヤマダ電機。郊外型の「テックランド」、都市型の大規模店「LABI」のほか、傘下のベスト電器やマツヤデンキなどを含めて、グループ全体で国内に約4400店のネットワークと売り上げ約1.7兆円(2015年3月期見込み)を誇る圧倒的な存在だ。

そのヤマダ電機グループを持ってしても、さっぱり振るわないビジネスがある。住宅事業である。

<中略>

2013年12月に設立した「ヤマダ・ウッドハウス」という住宅子会社の事業拡大計画にも疑問符が付く。1坪(3.3平方メートル)あたり「28.8万円~」というローコスト住宅を供給し、今後、毎年30店舗を増やすとしている。今後5年で売上高1140億円を目指すというが、ヤマダ・ウッドハウスの2014年度売上高は約5億円に過ぎない

ぱっと見、業界目線でいくと、住宅という箱ものだけでなく、家電や車まで提供できることは、凄い強みと思われがちですが・・・

結果論にはなりますが、こういうことに、
お客さんはたいして魅力や価値を感じていなかったということです。

 

強みもターゲット層もわからない・・・

「ヤマダS×L」の強みって何でしょうか?他のハウスメーカーと比べて、何が違うのでしょうか?
また、ローコスト住宅を提供している「ヤマダ・ウッドハウス」の強みって何でしょうか?他のローコスト住宅を比べて、何が違うのでしょうか?

正直、ホームページ見ても、伝わってこないんですよね(笑)

元々、エス・バイ・エルは、デザイン性や耐久性に優れた商品力に定評があったと言われていますが、デザインも悪くはないだけで特別素晴らしいわけではなかったですし、耐久性ってどこも同じようなこと言ってるわけで・・・

家電といってもオリジナル商品ではなく、量販店ですから、家電とセットというイメージもたいして他社と差がないですよね・・・

強みもわからずターゲット層も不明確まま、チラシを3000万部打ったところで、たいした効果がでないのは、結果として当然ですよね(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem