おかたづけノウハウにマンネリ化したら、ベストセラー絵本『たのしいおかたづけ THE ART OF CLEAN UP LIFE MADE NEAT AND TIDY』がオススメ

お片づけ本にはいろいろありますが、5月18日から日本でも発売される、ドイツで10万部突破のベストセラー絵本『たのしいおかたづけ THE ART OF CLEAN UP LIFE MADE NEAT AND TIDY』が、すごく興味深いですね。

「整理」という言葉が似合う内容になっているようで、サブコピーに書かれてあるように、「きちんとすれば、すてき。きれい。おもしろい。」という言葉がピッタリな写真絵本ですよ。

しかも、著者のウルスス・ウェールリ氏はコメディアンとのこと。

たのしいおかたづけ THE ART OF CLEAN UP LIFE MADE NEAT AND TIDYL

見慣れたモノや状況が、あら不思議!
きちんとすれば、すてき。きれい。おもしろい。
TEDでも大絶賛、ドイツで10万部突破のベストセラー絵本!

おかたづけと言っても、この本は、モノ、人、風景など普通片付けそうにない物を、色やサイズ、形、種類ごとに分類し、遊び心満載に、配置しなおすという、新しい視点や発想のおかたづけ本です。写真絵本なので、子どもでも読める内容ですね。

このユニークな発想は、著者のウルスス氏がコメディアンだからこそ、生まれたのかもしれません。

原著出版社Chronicle Booksによる紹介動画

 

また、著者のウルスス氏によるTED講演では、アート(芸術)を整頓するという発想で、いろいろなアイデアを紹介しています。芸術を片付けるという発想が面白いですね。

ウルスス・ウェールリ「アートの整頓」

ウルスス・ウェールリが 芸術を綺麗に整理整頓するというアイデアを 面白おかしく紹介します。現代美術の作品を その要素レベルまで解体し、色や形に沿ってアレンジするといった方法を用いています。

また、片付け関係もノウハウは成熟し、マンネリ化してきていますから、こういった新しい視点や発想は必要ですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。