「スマホ依存」を味方に付けて集客に活かそう!

スマホユーザーは世代に関係なく増えていっていますが、同時にスマホ依存者も増えていっているわけです。これを集客に活かさない手はないですよ。

それには、先日、MMD研究所が発表した「スマホ依存」に関する調査データが参考になります。

「スマホ依存」の自覚は8割、特に20代の4割が「かなり依存している」と回答

MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女562人を対象に「スマホ依存に関する調査」を実施致しました。

このデータを住宅の集客に活かそうと思うと、調査対象者が、既婚か独身かでも多少変わってくるとは思いますが、下記内容は参考になりますよ。

 

「スマホ依存」の自覚は80%

スマホ依存の自覚

スマホ依存の自覚

40代ぐらいまで、「かなり依存している」と「やや依存している」を合わせて、80%以上の人がスマートフォンに依存しているというデータです。

これから家を建てようという世代は、十分に依存範囲ってことですよね。だったら活かさない手はないですよ。

 

スマホの利用時間帯、帰宅からベッドに入る前までが90%

スマホをよく利用している時間帯

スマホをよく利用している時間帯

帰宅から寝る前でが、スマホを使った集客が成果に繋がりやすい時間帯とも言えますね。朝も意外と多いですが、大半の方は、いつまでに出るという時間の期限があるので、ニュースのチェックなど、決まった使い方が多そうです。

やはり、帰宅時間から就寝時間までに、スマホを通じた何かしらの訴求をしていくのが効果的ですよ。メルマガ、SNSなど、ターゲット客が持っているスマホへ直接訴求できる方法があると心強いですね。

オススメの方法は、メルマガですよ。

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。