これからの住宅の広告には何が必要なんだろう?

業界に通じている人なら、わかると思うのですが、住宅の広告って、ウソとまでは言わないにしてもフィクションというか、ちょっとでも良く見せようっていう盛っている部分が多いですよね。

ここ数年、住宅展示場の建物が実際に建てられる内容と差がありすぎて、「自分たちの建てる家ではない」と思い始めている方が多くなってきてますよね。

こういったズレは、住宅の広告とか宣伝に関わっていて、やはり違和感を感じていました。

 

広告はフィクションなので、だんだん効かなくなる!?

広告はフィクションなので、リアルに負けて、だんだん効かなくなるということを、チームラボの猪子さんが語っています。

「猪子さん、いま広告に何が必要なんだろう?」――チームラボに聞きに行く|AdverTimes(アドタイ)

猪子:ネットの出現によって、これまでの広告という手法そのものが以前よりも効かなくなり、効果が薄れていく時代になっているんだと思う。

なぜなら、ネット上に「今、僕、ラーメンを食べた」のようなリアルな情報があふれ出したから。リアルな情報のほうが、フィクションよりも説得力がある。だから、これまでのマスメディアを中心とした広告の代替物にネットがなるのではなく、広告そのものが効かなくなっていくと思っている。

猪子:フィクションの情報しか流通しない時代には、そのフィクションのなかでもっとも最高のクオリティを出せば人々に届いた。でも、今はさっきも言ったように、ネットで本当のことや、言ってはいけないアンタッチャブルなものまでがあふれている。みんなリアルなことの方に興味があるから、だんだんフィクションの情報には関心が向かなくなるんだと思う。そうなると、広告業界で評価されていたとしても、ユーザーにはあまり響かなくなっていくんじゃないかな。

「フィクションが効かない時代の広告は、本当のことを言うしかない。」「広告もドキュメンタリーに近い考え方になればいい。」とも語っています。

猪子:本当のことを言うしかない。昔、アップルのテレビCMでiPhoneやiPadでゲームをしたり、音楽を演奏したりするシーンだけを見せるというものがあった。商品でただ遊んでいる様子を紹介しているだけ。広告もドキュメンタリーに近い考え方になればいい。

 

ドキュメンタリーに近い広告の良い例

最近話題なのが、岩手県で書店や音楽教室を展開する東山堂が作成した映像です。

2014年6月
TOSANDOmusicに ひとりの男性がやってきました
千葉次郎さん 57歳 職業 内装業
次郎さんには ひとつの願いがありました

「4ケ月後の息子の披露宴で、サックスを演奏したい」

儚くも素敵なキッカケから 音楽と真剣に向き合い続けた4ケ月間
そして迎えた 結婚披露宴当日
ゼロから始まった千葉次郎さんの挑戦は はたして…

披露宴でサックスを演奏するまでの、背景とかが見えてくるので、いいですよね。演奏の上手い下手じゃなくて、熱さが伝わります。

 

ちなみにこの東山堂は、このようなCMも作っています。

こちらは、俳優さんを使っていて、「アジア太平洋広告祭(ADFEST)2015」のフィルム部門で銀賞を受賞したようです。

すごく良いですが、上の映像「千葉次郎の挑戦」を観た後だと、ちょっと整いすぎてて、作り物感を感じていましますね。個人的には、上の映像「千葉次郎の挑戦」の方が人間味があって好きです。

かっこ良く見えるのは、整ったフィクションかもしれませんが、魅力的なのはドキュメンタリーの方ですね。

 

これからの住宅の広告には必要なもの

冒頭の話に帰りますが、家づくりって、ただ家が建つだけでなく、その裏にはそれぞれのドラマがあるはずなんですよ。そういったところは、様々な表現でもっと引き出すべきですよね。

「最新」「高性能」「低価格」も大事かもしれませんが、自社都合のそれだけを伝えてたのでは、いつまでたってもお客さんとのズレは埋まらないです。

これからの住宅の広告には必要なものを、改めて考え直したいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem