ビッグデータから生まれた企画住宅

ブラッド・ピット主演の『マネーボール』という映画をご存知でしょうか?

150年以上の歴史を誇るアメリカのプロ野球・メジャーリーグの世界に、選手の評価や戦略に、統計によるデータ分析によって生み出された「マネーボール理論」を持ち込み、経営危機に瀕した貧乏球団を常勝集団­に生まれ変わらせていく過程を描いた実­在の男の話。

このような、野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法を、「セイバーメトリクス」と言うらしいです。日本で言うなら「ID野球」ってところでしょうか。

この映画の影響や、その前年にビッグデータ(事業に役立つ知見を導出するためのデータ)という言葉も生まれたことで、スポーツだけでなく様々な業界が、データの統計や分析から何かを生み出すことを、改めて始めましたよね。
 

 

住宅にもビッグデータの活用が始まる

去年2014年辺りから、住宅でも、不動産取引とかスマートハウスとかにビッグデータを活用しています。不動産取引価格の変動がどうとか、電力使用量の最適化による節電効果がどうとか・・・

 

なんだか、つまらない。。。

 

スポーツでのデータ活用はワクワクするのに、なぜ住宅のこういった活用にワクワクさがないのだろうか(笑)

 

〇〇の家はどうあるべきか

スウェーデンでは、ビッグデータを活かし、「スウェーデン人にとっての理想の家」を生み出しています。

不動産サイトのビッグデータが生んだ「理想の家」|WIRED

建築事務所Tham&Videgardの建築家によって、スウェーデン人の「理想の家」が設計された。設計の元となったのは、スウェーデンで最も人気のある不動産サイトから得られたビッグデータだ。

設計条件のデータには、スウェーデン人口の20パーセント以上が貢献しているようです。

価格が、277万5,000スウェーデン・クローネ(約4,000万円)というのは結構な金額しますが、着眼点は面白いですね。

 

それぞれの地域の標準住宅を生み出したい

スウェーデンの例を活かすなら、データから各地域の標準的な家を作り出したいですね。

北海道の家なら、沖縄の家なら、埼玉の家なら、大阪の家ならといった各地域の標準って、多分それなりに設計している人は感覚値でわかっていると思うのですが、そういった家が住まい手のデータの裏付けがあって標準化できると、求められている最適な住宅の目安になりそうです。

さらには、所得とのバランスとか、物の量と収納量とかも反映して、地域で4パターンぐらいの標準住宅ができても面白いと思うんですよね。目安になる標準住宅ができると、家づくり全体の底上げになりそうな気もします。

年間でもかなりの棟数が建ってきてるんですから、データとしては十分な量ありますよ。
問題は分析をどうするかですが・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem