2017年以降ガラケー終了、スマホへのアプローチが集客の鍵になる!

ガラケーは、2017年以降には生産終了となるようです。

スマホとガラケーを組み合わせたような「ガラホ」という機種が出てくるようですが、
ますます、スマホが普及してきますね。

日本経済新聞は2015年4月24日、国内の携帯端末メーカーが独自のOSを搭載する従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」の生産を、2017年以降に中止すると報じた。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、メーカー各社にとってガラケーの開発は重荷になっていた。以降はOSを米グーグルのAndoroidに統一した携帯端末(ガラホ)に統一するという。

2017年以降に生産終了となるガラケー、以降は「ガラホ」に統一

 

格安スマホが目白押し!

イオン、楽天、アマゾンなど、いろいろな会社が格安スマホで参入してきていますが、
その切り口としては、au、ソフトバンク、ドコモとの差を付けるため、「格安」です。

MNPで電話番号はそのまま使えますので、これまでの料金に不満がある方は、乗り換える方も多そうですね。

 

DMM mobile

例えば有名どころだと、DMMモバイルは最近、CMがよく流れています。

 

TUTAYA

CD・書籍・DVDなど販売やレンタルも行うTUTAYAも参入していきます。

 

U-NEXT

映画やアニメなどをオンラインで配信しているU-NEXTも参入していきます。

 

なぜ、スマホに参入?

これだけ普及していて、これだけ接触時間が高いアイテムですから、
自社のサービスと連携させ、購買を促すのが狙いでしょうか???

衝動買いできる商品は、徐々に、スマホで閲覧、スマホで購入が当たり前になっていきます。

家をスマホで買ったり、いち工務店が自社スマホというのは、現実的ではないですが、
スマホに対するアプローチは、今後は外せなくなってきますね。

ちなみに、格安スマホは、一長一短あるようですので、利用の際はお気をつけ下さい。

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。