「暮らし」が理解できないのは、「暮らし」に触れていないから

ライフスタイルプロデューサー村上萌さんが主宰するウェブマガジン「NEXT WEEKEND」。

次の週末に取り入れたい理想の生活を提案されているのですが、今月6月の特集が「いえのこと」でしたので、ちょっと取り上げてみました。

6月は「いえのこと」

いつのまにかドライになったフラワーリースがかかるドアに、サンダルとブーツがどちら­も並ぶ、季節感のない玄関…。
たまっていくばかりの“素敵なインテリア”本の中には「いつかやろう」と思っているア­イディアがたくさん。6月は、そんな「家のこと」にとりかかる最高のチャンスです。夫­婦でバラバラだったマグカップの柄をそろえること。
小さな頃、お母さんと2人でキッチンに立って「私も、子供ができたら作ってあげよう」­と思っていたプリンを作ること。冷蔵庫の棚卸しに梅酒作り、それから階段やベランダの­ほうき掛け。
大それたことでなくても大丈夫。雨が降って予定がキャンセルになった時こそ、にやりと­笑って #小仕事 を始めてみましょう。
私だけの小さな仕事が、心を豊かにしてくれます。

今月の記事内で取り上げられている叶えたいことのリストには、

  • フルーツを上手に使って初夏のリースを作りたい
  • 待つのが楽しい魔法の瓶がつくりたい
  • 好きな色を素直に使いたい
  • 見えない“おもてなし“も大事にしたい

ということを挙げられています。

村上さんが行っているのは、なんでもない日常を、自分らしく楽しく過ごすための提案です。

過去の記事を見ても、朝ごはんを楽しむ工夫や週末を楽しむ工夫なども特集されていますね。これらをマネできるのは、ごく少数の方たちだけかもしれませんが、センスがいいので、憧れる方は多そうですね。

 

ターゲット客の「暮らし」に触れているか?

好みや方向性はそれぞれありますが、確かに20代~30代の女性は、なんでもない日常を、自分らしく楽しく過ごす暮らしに魅力を感じている方は多くなってきています。こういった方たちは年齢歴にも、結婚していれば、これから家を建てようと思う世代です。

「暮らし」という言葉を使うことは簡単ですけど、本当に理解していますでしょうか?

理解するために一番いいのは、自分自身が体験することですが、それ以外ですと、そういった情報を取り入れることも必要ですし、そういった暮らし方に触れていくことも必要ですね。

やはり「暮らし」そのものに触れていかない限り、理解し、提案していくのは難しいですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem