住宅雑誌を紹介する真意とは?

2つほど、一般向け雑誌に、
住宅系の特集がありましたので、
取り上げています。

——————————————–
収納デザインで美しい暮らしを実践!
Casa BRUTUS No. 184「収納上手」
⇒ http://dtoac.com/blog/20150611/17625
——————————————–

——————————————–
初の住宅特集!
Discover Japan7月号「家づくりの新常識」
⇒ http://dtoac.com/blog/20150611/17646
——————————————–

Discover Japanの
初の住宅特集はうれしいですね。

今まで、暮らし関係はあったのですが、
住宅がテーマなのは、今回が初です。

ここでお伝えしたいのは、
「この本、買ってね」
ということではなく、

ターゲットとすべきお客さんが、
入れてそうな情報や、
知っててほしい情報を、

「自分も取り入れておく。」
ってことです。

そして、発信することで、
同じ感覚、価値観の人を
引き寄せるんです。

デザインや技術の凄さなどを、
どんなに訴えたところで、

価値観が違う相手には
響くことはありません。

価値観が違うのに、
わざわざそこで家を
頼もうとは思わないんです。

ターゲット客が、

どんな情報を入れているか?
どんな情報を知りたがっているか?

ということを意識するのも
必要ですし、

ズレをなくすためにも、
自身の価値観を
発信することも大事なのです。

そういえば、昔、

ターゲットにしている
主婦層が読んでそうな雑誌を
店頭で立ち読みしてたら、

変な視線を感じるので、
立ち読みを止め、

ネットで買って、
情報を収集していたことを
思い出しました。

もちろん、WEB上でも
情報は入りますが、

雑誌で使われている、
キャッチコピーとか、
デザインの雰囲気とか、

参考に取り入れられるものは、
意外とあります。

価値観を少しでも知りたかったら、
それぐらい行動は必要ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem