360°動画で視聴者を巻き込むプロモーション・空間を伝えるために取り入れたい!

漫画で連載されていた「予告犯」が、映画とドラマになり公開されますが、映画「予告犯」のプロモーションが興味深いです。

普通の予告編はこちらで、見せ方はごく普通です。

そして、気になるプロモーションはこちら↓
Youtube360°動画で、360°全方位、観ることのできる映像を使った、視聴者を巻き込む方法です。

yokoku-han360.jp_

予告犯360° – 真実を見抜けるか?

予告犯360° – 真実を見抜けるか?

映像を一方的に発信するだけではなく、巻き込んで取り込む手法は、今後も増えてきそうです。

 

端末が対応して、360°動画撮影が増え始めている!

Youtubeが360度パノラマ動画に対応するようになり、デスクトップ版(GoogleChrome)とAndroid版の端末に続き、先日5月末にiOSでも対応するようになったので、徐々に普及し始めていますね。

例えば、このレース映像なんて、視点を自分で動かせるので、より臨場感が伝わります。

ゴーグル系で見ると、いっそう伝わってきますよね。

 

空間を伝えるための、360°撮影は適している!

住宅の様に小さな空間を、360°撮影して全体像を伝えていく方法が、手軽にできるようになると面白いですよね。

例えば、手軽に買えるカメラですと、

以前紹介しました、RICOHの全天球カメラ「THETA(シータ)」でも、360°撮影が可能です。写真がメインなので、動画だと3分ほどの撮影時間のようですね。

theta360_com_ja

 

他には、キットを買えば、iPhoneでもできるようですね。
iPhone6用は調べたけどまだないようです・・・

iPhoneシリーズ用 360°パノラマ撮影キット「bubblescope」

iPhoneシリーズ用 360°パノラマ撮影キット「bubblescope」

iPhone6用、出てほしいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。