古民家再生の巨匠にトゲのある返答をしてました・・・

昨日の古民家つながりの
話になりますが・・・

20代半ばの頃に縁があって、
古民家再生の巨匠のF先生の
お話を聞く機会をいただけました。

経験からお話されていることなので、
すごく刺激的で良いお話だったのですが、

どーも、気持ち悪い・・・(笑)

モヤっとする中に、
大きな溝がある感じです。

今ならそれが”ズレ”だと感じ、
理解できますが、
当時はよくわかってなかったですね。

だから、ちょっとトゲのある
返答をしたのを覚えています。

その返答内容はこちら
⇒ http://dtoac.com/blog/20150616/17789

住まい手も昔に比べると、少しづつ、
自分たちの暮らしを考えるように
なってきていますし、

暮らし方には、
それぞれの価値観があり、
数学のような正解はないので、

「古いものが新しくなった。」
「じゃあ、住むか」

というほど、単純なものでは
ないんですよね。

———————————–
親子で家を引き継がせる時代は終わり、
関係性で引き継ぐ時代へ!
⇒ http://dtoac.com/blog/20150616/17789
———————————–

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。