”絞る”ということは、やることを明確にすること

——————————
100万人のために
唄われたラブソングなんかに
僕はカンタンに
想いを重ねたりはしない
——————————

上記の文章は、
2000年に発売された、

ポルノグラフティの
「ヒトリノ夜」という曲の
歌詞の一部です。

この記事を書いている時に、
ふと思い出しました(笑)
————————————
住宅の資料や情報も一人に向けて届ける時代!
⇒ http://dtoac.com/blog/20150615/17747
————————————

多様化しているからこそ、
自分ごとに感じないと、
心はなかなか動かない時代です。

だから、絞って、
一人に届けるくらいのことが
必要になってくるのです。

「そうやって絞り込むと、他の方が
振り向いてくれなくなるのでは?」

と、不安がっていませんか?

でも、それは逆です。

「絞るということは、
やることを明確にする。」

ということです。

提供・提案できることを
明確にするということですね。

もちろん、絞る上で、
外せないポイントもあります。

1.熱意がある、または悩みが深い。
2.関係性がつくりやすい。
3.払えるお金を持っている。

この3つのポイントは、
外さない方がいいですね。

参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem