八王子で「戦後日本住宅伝説― 挑発する家・内省する家」開催!

戦後を代表する建築家16人のデビュー作や出世作を見ることができる「戦後日本住宅伝説―挑発する家・内省する家」展が、去年の埼玉をはじめとし、広島、松本と来て、今、東京の八王子で開催されています。

「戦後日本住宅伝説―挑発する家・内省する家」展

exb66_pic01
八王子市夢美術館  2015年6月14日(日)~2015年7月20日(月)

戦後の日本を代表する建築家、丹下健三、増沢洵、清家清、磯崎新、菊竹清訓、東孝光、篠原一男、坂本一成、白井晟一、宮脇檀、毛綱毅曠、黒川紀章、原広司、石山修武、伊東豊雄、安藤忠雄の今や伝説となった16の住宅作品が、住宅模型、建築写真タペストリーやパネル、図面、映像などで紹介されています。

昨年の埼玉県立近代美術館の時も紹介しています。

過去の建築から、未来を見据えたいですね。

 

昨年の様子が、埼玉県立近代美術館のYoutubeで見れます!

昨年、埼玉県立近代美術館で開催された時の対談やツアーの様子が、埼玉県立近代美術館のYoutubeチャンネルにアップされています。

対談[原広司×西沢立衛]

 

「戦後日本住宅伝説」展・建築ツアー

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem