自分の役割を認めてほしければ存在価値を伝えよう!

先日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演した広瀬すずさん(17)の、照明スタッフや音声スタッフなどについて「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」などの発言で、ネットが荒れてます(笑)

hirose

番組を観ましたけど、「こんな発言で炎上するなんて、芸能人も大変だぁ」というのが、率直な感想です。話の流れを見てたら謝る内容じゃない気もするし、こんなことで叩かれるんじゃ、テレビがつまらなくなるわけだ。

それにしても芸能人に対しては、不思議と当たりが強い方いますよね。自分も芸能人になりたかった的な、特別な妬みとか僻みとかあるんでしょうか(笑)

専門職の悪い癖=相手の理解度を理解しない

専門職の方は、その専門的な仕事を頑張ってれば、周りもその仕事を理解してくれると勘違いしやすい方が多いですね(苦笑)身近な例で住宅で例えるなら、いい設計していれば・・・いい施工していれば・・・。

今回の照明のケースで言うと、実践積んだりして、ちょっと照明に詳しくなると、「映像では照明が最も重要」「照明ひとつで美人にもブスにもできる」なんて言うんですよ。確かに照明は大事ですからね。

でも、そう感じない人を「何もわかっていない」と否定し始めるんですよ。

仕事に詳しくなって、誇りを持っていくことは大事ですけど、その仕事の価値に対する、相手の理解度を理解することも必要ですよ。仕事の価値を理解していないことを理解できれば、その価値がわかるよう伝えればいいだけのことなんですから。

たとえ同じ業界であっても職種が違えば、理解されてないことの方が多いです。

今から10年ほど前、住宅業界に入って駆け出しの頃、「宣伝広告」に携わらせてもらっていましたが、技術職の強い人からは、理解を得られていなかったのを覚えています。

相手に理解してもらうために、価値を伝える。

相手に理解してもらうために価値を伝えていくことは、仕事の上でも必要ですが、集客の基本でもあります。専門職の方が集客に苦戦するのは、この部分が欠けていることが多いのが原因だったりします。

”伝える”ということはシンプルですが、”伝わる”ということは難しくて、自分では伝えていると思っていても、それはよく伝わっても2~3割ほどしか伝わっていないのです。

だから、

送り手は自分の伝え方よりも、受け手の受け止め方を尊重しなければならない。

と思っています。価値を伝える時もいっしょです。

以前、「工務店に必要な”集客ゼネラリスト”を目指そう!」という記事を書きましたが、井内としては住宅業界にこういう人材が増えていってほしいと思い、活動していたりします。

見る人から見たら「なんのこっちゃ?」と理解を得られていない分野なのはわかっているので、だから少しでも伝わるよう、いろいろな切り口で情報を発信していたりしているのです。

日が当たらないものを無条件に美化する傾向がある・・・

余談ですが、ここ最近の傾向なのか、日が当たらないものを無条件に美化する傾向がある気がしています。この記事で言うなら「裏方」、業界内ですと「女性活用」とか・・・

流行りの聞こえのいい言葉に騙さなれないで、中身があってはじめて価値あるものになるということを、見失いたくないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem