家づくりの情報も選択させることで記憶に残りやすくなる!

情報を一方通行で届けるだけではない、視聴者側で選択できる情報の伝え方「インタラクティブ動画」がいいですね。

インタラクティブ動画とは、参加型の動画プロモーションと言われるように、視聴者が操作をしたり選択をしたりすることで動画を進めていく参加型の動画のことを指します。

下の動画は、イギリスの航空会社のプロモーションです。

空港のチケット発券機で行先を選択すると、選択した国へ飛行機で移動し、観光ができるという流れを作っています。また、選択した国に到着した後も、観光先での選択が待っています。

なんだか、昔TVで観た「ifもしも」みたいです(笑)視聴してみてください。

こういったエンタメ性、いいですね。普通に撮られた映像も、ストーリーが生まれ、楽しめます。

この仕掛けは、Youtubeのアノテーション機能を使い作っています。

アノテーションとは、テキスト、リンク、ホットスポットを動画の上に重ねることができ、動画に情報、双方向性、視聴者と交流する機会を追加することができます。

 

5種類のYoutubeのアノテーション

Youtubeのアノテーション、ちょっと手間はかかるのですが、5種類あります。

  1. 吹き出し: テキストを表示する吹き出しを作成します。
  2. スポットライト: 動画内の領域をハイライト表示します。ユーザーがこの部分にマウスを移動すると、あらかじめ入力しておいたテキストが表示されます。
  3. メモ: テキストを表示するボックスを作成します。
  4. タイトル: 動画のタイトルを表示するテキスト オーバーレイを作成します。
  5. ラベル: 動画の特定の部分を呼び出して名前を付けるラベルを作成します。

Youtubeに使い慣れてきた方は、挑戦してみるといいかもしれませんね。

例えば、壁紙の色の選択とか、床の素材の選択とか、いろいろと使えそうです。
 

 

選択させることが記憶に残る!

ただ聞くだけ、ただ見ているだけよりも、そこに自分の意志が活動的な方が、記憶に残りやすいです。

よほどインパクトがあれば、観るだけでも十分かもしれませんが、そういった情報はなかなかつくることはできません。情報も、少しでも視聴者が、自分の意思を持って、選択したり行動したりすると、覚えていやすいのです。

今回の動画の例は、ちょっとハードルが高いかもしれませんが、もっとも簡単な例を挙げると・・・

メルマガのURLクリック

ですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem