住宅のオンライン販売に足りない「家づくりのプロセス」

総合オンラインストア大手のアマゾンが、リフォームに参入してきましたね。施工というわけではなく、積水やダイワと組んで、システムキッチン、トイレ、洗面台やハウスクリーニングなどを扱­うサイトの開設です。商品ごとの代金と交換や取り付けに必要な工事­費をパッケージにして、全国一律価格で販売していますね。

reform_store_showcase2

結局のところ、工事って下請け会社がするんですよね???

この仕組みは、モノ売りの発想

似たような仕組みは、「リノコ」とか「いえプラス」(結局リノコとくっつきました)とか、前からありましたから、そこまで驚くようなことではないですが、ようやく大手の重い腰が上がったので、様子見していた中小の会社も、ネットへの壁が溶けそうでしょうか(笑)

リフォームの場合、古い物を新しい物に取り替えることがベースなので、モノの質と価格が重視されやすい傾向がありますよね。だからシンプルに、ビフォアフターを見せて、総額を明確するのが効果的です。安易なリフォームなら、こういった仕組みが向いている気もします。

取り組み自体は、どんどんやっていってもらっていいと思ってますが、実は、個人的にはリフォームってあまり好きじゃなくて、注文住宅に比べて明らかに、一緒につくりあげる「プロセス」が足りないんですよね。

戸建て注文住宅は、ネット住宅に取り組んで失敗している!?

モノだけに目がいって、失敗したのがこちら。「ネット住宅」です。

ネット販売による営業コストのカットで、大手ハウスメーカーの住宅が低価格で建てられるということで、2010年頃、話題になりましたが、今現在はというと・・・

まったくのゼロではないでしょうが、売れてなさそうですね(笑)売れてたらガンガンCMしているはずですし、落とし所は「価格ではない」ということの表れではないでしょうか。

結局、業務の簡素化を求めるがあまり、大事にしなければいけない「家づくりのプロセス」を失っているわけなのです。

ネットを通じて伝えなければいけない「家づくりのプロセス」

中小の会社が、ネットを通じて家を売るとは、通販のように直接販売することではなく、施主といっしょにつくりあげる「家づくりのプロセス(過程)」を伝えていくことなんだと思っています。

そういう視点を持たない限り、大手がやることをいつまでも脅威に感じるでしょうし、新しいFCの手法ばかりに目が移ってしまうわけです。まず第一に見なければいけない相手は、施主です。

家づくりのプロセスを、

  • どれだけ価値あるものにしていますか?
  • どれだけ明確に伝えられていますか?
  • どれだけ具体的にカタチにできていますか?

今一度、ご自身の家づくりに当てはめてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント