良い情報は無料で公開される時代、あなたは何を発信しますか?

一世を風靡したフリーペーパー『R25』が休刊するようですね。10月1日をめどに紙とネットを統合するようです。

都心を中心に配布され、全盛期は設置日にすぐなくなっていましたし、電車の中でも読んでいる人をよく見かけてましたが、最近は、余っていたり、読んでいる人も見かけませんね。

1271028_o

「R25」ブランド統合のお知らせ -R25 はデジタルデバイスを主軸としたメディアへ-(PDF)

R25を休刊する理由については、「読者の閲覧スタイルが変わっており、デジタルへの移行が進んでいるため。R25の読者ターゲットは30歳前後。若い人をターゲットにしている以上、デジタルへの移行は避けられない」とのこと。

家を建てる世代よりは、ちょっと若いですが、参考になります。

 

無料で良い情報は、ネットでの公開が中心?

R25は、今よく言われている「コンテンツマーケティング」のはしりでもありました。

※コンテンツマーケティングとは、従来型の直接的な広告ではなく、コンテンツを通じて商品に愛着を持ってもらったり、ファンになってもらうことが目的。

これには、露骨な広告が効かなくなったとか、テレビを見なくなった、などの時代背景がありますよね。「一方的な広告」が効きにくくなっているわけです。

だから、読み物や役に立つ情報(=コンテンツ)の方が、読み手側も受け止めやすいのです。

ただ、このコンテンツとは、新たなものをどんどん提供し続ける必要があります。なぜなら、読み手は新たなコンテンツを求めますし、発信する側も、費用対効果も高く、効果があるとわかっているので、他社よりも量または質が優れている必要があります。

今の時代、良い情報は無料で提供され、希少な情報が有料になる時代です。

 

紙という蓄積できずタイムラグも生み出す情報伝達手段

コンテンツを充実させるなら、紙ではなく、間違いなくWEBサイトの活用が鍵になります。

  • WEBの方が、過去の内容を蓄積できる。
  • WEBの方が、発信してから届くまでのタイムラグが紙より少ない。
  • WEBの方が、文字数の制限もなく、動画も使え、内容が充実しやすい。
  • 紙は、届ける相手が増えると、印刷代や郵送代も増える。

決して、紙媒体がダメというわけではなく、伝える媒体には向き不向きがあるということです。
(集客に携わる人なら、どちらもしっかり把握しておきましょう。)

住宅の場合、今すぐ客をすぐ集めたいなら、紙媒体でチラシに敵うものはありません。
ですが、長期的に考え、ファンを集めたいなら、間違いなくWEBの活用です。

では、ニュースレターはどうするのかというと、WEBよりも、プレミアム感(希少性)を出すべきですね。

 

おまけ

紙とネットについて、海外ではこんな皮肉めいたCMも(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem