ITと建築の融合、可能性はどこまである?

デジタルマーケティングディレクターの小川和也さんと、建築家の隈研吾さんによる、ITと建築の融合についての対談が面白いですね。

テクノロジーによって、家電や自動車などあらゆるモノが進化を続けている中で、建築はどうなのか?その可能性を語り尽くす内容です。

gendai.ismedia.jp_articles_-_43752

いくつか興味深かった点を掘り下げると、

家が知能を持つ時代が来る

小川:建物そのものが知能を持つ、つまり建築物やまちと人工知能が融合して、「知能を持つ家」みたいなものが現れる可能性もあると思いますか。たとえば家が知能を持つことで、その住人の健康状態を把握して健康管理の一助を果たしたり、住人の快適度を自動的にコントロールしたりと。

隈:それはあり得るでしょうね。住人の出入りに応じて冷暖房がコントロールされたりすることは当たり前になって。人間の血液の流れが体温を調整したりするのと同様に、家もひとつの生き物として使っている人間に寄り添い、人間を守ってくれるような。

この辺は、ハウスメーカーが提案しているスマートハウスがちょっと進化した程度の内容ですが、

家の知能が低価格で普及して、快適度のコントロールだけでなく、瑕疵や老朽化なども知らせてくれるようになれば、家に対する将来的な心配もすこしは取り除けそうな気がします。

 

家が建築家から解放される

小川:なるほど。その体験も、ある種の仮想建築という概念に相当するのかもしれませんね。仮想だから、制約に縛られない自由な建築に挑める点で、クリエイティビティを拡張できるのかもしれません。将来、3Dプリンターで自分の家をつくって、そこに住むということもあり得るんでしょうかね。

隈:ええ、充分あり得ます。3Dプリンターで自分の家をつくって住むなんてことは、あり得ちゃいますよ。

建築家の隈さんも3Dプリンターの可能性を感じていますね。

建築基準法の壁がありますが、3Dプリンターが進化して普及したら、住まい手自身で家をつくることも可能ですから、より建築が、より家づくりが身近になると感じています。材料も自然に還るエコな素材使ってもいいですね。

早くそんな時代が来てほしいです。

 

デジタルで壁や膜をつくる

隈:まず、柔らかい素材、膜素材みたいなもので色々なことができるようになってきているので、境界の考え方も大きく変わりつつあります。うちの事務所にも、カーテンや布とか、膜を専門に扱っているスタッフもいます。

この考え方は好きですね。壁で遊ぶ感覚ですね。

間仕切り壁なんて、受け材や間柱うって、下地材貼って、クロスやら塗り壁やらって、コストが掛かる考え方ですし、壁イコールそういう作り方だと定義付けていることが、やはり遅れているなと感じてしまいます。

そういう作り方が必要なところと、そうでないところを使い分けることができるはずなんですよ。なんでもかんでも壁をつくってたら、可変性も低く、コストも上がる一方です。

また住まい手に、そういう価値観や選択肢が与えられてないのは、損をさせているとしか思えないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem