行動が生んだ結果・元現場監督編

このところ、
仕事術関係の記事を
書いています。

——————————
iPhoneを持つことは「伝える」という選択肢を持つということ
⇒ http://dtoac.com/blog/20150711/18344
——————————
3割わかったら行動しよう!住宅ノウハウには大きな誤解がある。
⇒ http://dtoac.com/blog/20150713/18389
——————————

仕事術というほど、
大げさなものではないですが、
共通しているのは、「行動」です。

10年ほど、住宅業界に
関わってきましたが、

集客のノウハウって、
出尽くした感があって、

ノウハウとは呼べないくらい、
当たり前になっている部分が
あるんですよね。

だからこそ、
いい加減にしやすいので、

きちんとそれらをこなしていく、
行動力が必要なんですよ。

ある工務店の新規事業を
3名ほどで立ちあげた時、

モデルハウスを建てても、

最初は、集客も
なかなか思うようには
上手く行きませんでした。

ですが、そこの責任者の方は、

地道に、イベントを開催したり、
新しい取り組みで、
宿泊体験してみたりして、

引き渡した方には、
写真の撮影をお願いして、
プロのカメラマンに撮影してもらったり、

顔も出してもらえるよう、
お客様の声を取材をお願いしたり、

その後も、コミュニティ系の
イベントに招待したり、

ツアーと称して、
何組かのOB施主見学会を
開催したり、

ブログもスタッフが定期的に、
更新をしたり、

ニュースレターも定期的に
発行したりして・・・

こういったことを繰り返していく内に、
自然とクチコミで広がったのか、
認知され始めたのか、

ある時から、急に安定して
集客ができるようになっていったのです。

まいた種が花開いた、
ってところでしょうか。

ちなみに、その責任者の方は、
元々、現場監督で、
営業や集客のことは未経験の方です。

いろいろチャレンジしていますから、
もちろん、失敗もあります。

でも、そこから学んで
次に活かしているのです。

ここまで来たら、もう、
ノウハウではないんですよね。

「どんなことをしたら、
お客さんに自分達の価値を
わかってもらえるか?」

「どんなことをしたら、
お客さんに家づくりの1歩を
踏み出してもらえるか?」

「どんなことをしたら、
お客さんに家のことを
楽しんでもらえるか?」

こういう想いの上で行動すれば、
間違った方向にいくことはないですよ。

——————————
iPhoneを持つことは「伝える」という選択肢を持つということ
⇒ http://dtoac.com/blog/20150711/18344
——————————
3割わかったら行動しよう!住宅ノウハウには大きな誤解がある。
⇒ http://dtoac.com/blog/20150713/18389
——————————

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。