工務店ブログや設計事務所ブログも、この書き出し方で十分!

ブログでもメルマガでも、「書く」という行為をする時、結構大事なのが、「書き出し」という勢いだったりします。”出だしよければ全てよし”というか、出だしで勢いが決まったりします。

「書けない」と悩んでいる方も、書き出し方を身に付けて書き始めてみると、だんだん気分が盛り上がってきて、やる気が出てくるものですよ。

 

書き出し方はこの4つ

  • 問題を提起する。
  • 状況を説明する。
  • 結論を提示する。
  • 関連性を示す。

 

問題を提起する。

本文に繋がる内容の質問を提起することで、本文へと導きます。

例えば、「あれこれこだわりたいけど、こだわるとコストが上がる・・・と心配したことはありませんか?」

これによって同じような問題を抱えている読者を惹きつけやすくなります。

 

状況を説明する。

その記事の内容を書こうと思ったキッカケを説明してください。

例えば、寝室(睡眠)の重要性を書こうとした場合、「最近、ありがたいことに忙しくしています。でも、睡眠時間が平均4時間、気が付けば体調を崩しかけています・・・」

これによって同じような経験をしている読者を惹きつけやすくなります。

 

結論を提示する。

本文の前に、先に結論を書いてしまう方法です。

例えば、「光熱費が掛かっている原因は色々考えられますが、断熱性能もその1つです」と述べて、本文でそう断定する理由を説明していきます。

このパターンはいろいろなブログに結構使われていますので、文章をうまく書く自信がない方は、お勧めです。

 

関連性を示す。

ニュースなどを引用したりして、それが本文と関係があることを説明し、本文へとつなげていく方法です。

例えば、暮らしの価値観の話を書く場合、「夫婦円満のためには「価値観の一致」が最も大切という調査結果が出ています。・・・」と始めたり。

関連性や共通性を見つけるのに、ちょっとテクニックが必要ですが、違う視点を気付かせやすいので、読者を惹きつけやすく、高い効果を発揮します。

 

以上の4つ、参考にしてみてください。

メルマガの場合は、知人に丁寧に話しかける感じの、もっとラフで十分だと思っています。

 

 

こんなサイトも参考にしてみては?

余談ですが、

例えば、「小説を書いてみよう」と思い、ストーリーが思い浮かんでも、書き出しが見えてこないと、ブログやメルマガと同じように、なかなかペンも進まなかったります。

でも小説にはこんなサイトがあるんですよ。本の書き出しを集めたサイトです。

本の書き出し

本の書き出し

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem