集客と信頼関係を築くために、お宅訪問してますか?

年に何回、施主のお宅を訪問していますでしょうか?

家具・雑貨チェーンのイケアでは、ユーザーの声に耳を傾け、生活スタイルや住空間の実態を正しく知るべく、独自の家庭訪問調査「ホームビジット(Home Visit)」を定期的に実施しているようです。

ミカエルさん、教えてください「イケアのお宅訪問ってなに?」|roomie

IKEAの独自の家庭訪問調査の内容は、主にこの4つ。

  1. お宅訪問
  2. インタビュー
  3. ユーザーの観察
  4. 参加型研究(調査員が一般家庭にうかがい、一緒に家事をやってみること)

顧客のライフスタイルにしっかりと掴むことに取り組んでますね。

こういうところは住宅業界にも活かすことができて、例えば、施工例の写真撮影やお客様の声のインタビューなどに取り入れられますよね。ただ撮るだけじゃない、ただ聞くだけじゃないんです。

そして、こういったことで得られる情報を元に、商品開発へとつなげていってるようです。

-「ホームビジット」を通じて得られた情報は、イケアでどのように活用されていますか。

私の部門では、商品開発にフォーカスしたものがほとんどです。

ホームビジットからの情報に加え、他の研究機関などから公開される学術論文、大学や学者、他の企業らとの共同研究プロジェクトを通じてインサイトを導きだします。

特定のテーマごとに、関連するデータやインサイトを整理しているケースもあります。たとえば、世界各地の都市部では「狭小な住空間で、いかに快適に生活するか?」が課題となっています。

イケアでは、このテーマに特化したナレッジプラットフォームを構築し、具体的なソリューションにつなげるための情報を、社内で共有しています。

knock

 

お宅訪問は、集客のネタが見つかり、施主と信頼関係を築ける!

撮影や取材、イベントなどをキッカケに、お宅訪問しましょう。

集客のために何をやったらいいのかわからないとか、どうやったら集客できるんだろうか?と嘆いているなら、まず施主のお宅に訪問してみると、いろいろなヒントを見つけることができますよ。

さらには、施主から直接に話を聞き、住空間や生活スタイルの背景にあるものを探ってください。家庭の団らんのスタイルを聞いたりして、住まいをどのように使っているのか、より深く理解してみましょう。

そうやって話をじっくり聞くことで、信頼関係も築くことができますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem