構図は建築的美学との関係性が高い!

昔、映画&映像関係に
携わっていた時、

映画監督の廣木隆一さんの
作品に結構ハマってました。

もう60歳を超える監督ですが、
有名どころの作品だと、

・ゲレンデがとけるほど恋したい。
・東京ゴミ女
・ヴァイブレータ
・機関車先生
・余命1ヶ月の花嫁
・きいろいゾウ
・ストロボ・エッジ

などがあります。

何が良いのかというと・・・

「構図」です。

映画は脚本家が、
それぞれ違うため、

同じ廣木作品であっても、正直、
話がつまらない作品もあります。

ですが、

カメラマンがいいのか、
監督の指示がいいのかは
わかりませんが、

それでも見入ってしまう、
画の良さがあるんです。

「構図」って、
建築的美学との関係性は
非常に高いですよ。

海外だと、スタンリー・キューブリック氏の
作品なんかもそうですね。

⇒ http://dtoac.com/blog/20150730/18713

見せる時の参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem