これからの家づくりは、家具への進出も増えていくべき!

家だけでなく、暮らしという視点で考えたら、家具に手を伸ばすのは必然ですよね。また、家具含めた提案ができると、住宅含め、提案している方向性をわかりやすくなります。

個人的には、少単価の雑貨より、ある程度の価格帯の家具の方が、住宅会社はやりやすいと感じています。雑貨店は客単価が低いので、住宅の感覚でやってたら、単体では難しいですね。

家具店や雑貨店で住宅販売、家ではなく暮らしを提案|日経ホームビルダー

ph01

ジョンソンホームズ(札幌市)は住宅会社の枠にはまらないユニークな販売戦略で、受注を伸ばす。そのノウハウを学ぶため、多数の同業者が訪れる。

新築の主力ブランドは「インゾーネ」。ジョンソンホームズが、家具・インテリア販売会社のアクタス(東京都新宿区)と提携して立ち上げた、インテリアショップの「インゾーネウィズアクタス」で取り扱う。来客数は2店舗で月間3万人と、総合住宅展示場をはるかに上回る。2014年度は40棟を完工した。

家具への進出は、資本がある会社は提携、資本がない会社は、地域のお店と連携(ジョイント)すればいいわけです。地域に適したお店がなければ、遠方のお店まで一緒に見に行ったていいわけです。IKEAツアーとかやっている会社もいます。設計事務所であれば、デザインしてオリジナルを作っていくことだってできるわけです。

大事なのは、家の中身の提案をカタチにして見せていくことです。

ただし、家具の大元は、シェアを伸ばすため、いろいろな会社と提携しまくるので、だんだんと希少性に欠けてしまうのが難ですね。地域内での独占契約ができればいいですけど・・・

地域内での希少性をどう保つかを考えても難しいので、見せ方やコーディネートなどの提案力で魅力を出していった方がいいですね。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。