暮らしの中に都会と田舎の両方を取り込める贅沢さ

CASA BRUTUS(カーサブルータス) NO. 186の特集”自然と暮らす”が良いテーマですね。

”自然と暮らす”というテーマは、昔からありましたが、ここ最近は、都会だろうが田舎だろうが場所に関係なく、自然を感じて暮らしたいという方は増えていますよね。暮らしの中に、都会と田舎の両方を取り込む贅沢さですね。

CASA BRUTUS(カーサブルータス) NO. 186

田舎でも都会でも、自然を感じながら過ごす心地よいライフスタイルを取材しました。海や山の近くに住まいを持つ。ウィークエンドハウスで自然と戯れる。ささやかの菜園で作物を育てて食べる。自然との暮らし方はさまざまですが、どれも個性的なセンスに溢れていました。

Casa BRUTUS No. 186

Casa BRUTUS No. 186

 

トカイナカ(都会+田舎)生活という、二地域居住

上記の”自然と暮らす”というテーマに関連して、SUUMOジャーナルで特集されている、馬場未織さんのエピソードが参考になります。

週末は田舎暮らし。二地域居住で見つけた暮らし・地域との関わり|SUUMOジャーナル

東京ー千葉という二地域居住をされている馬場さんは、建築ライターであり、「NPO法人 南房総リパブリック」の代表理事を務められているので、やはり住に対する意識は高いですよ。

特集の中で、気になった部分を取り上げてみますね。

  • 自由度が高くなると、夫婦間の価値観の違いが分かりやすくなる

「家族のなかでも、田舎暮らしについて認識やプライオリティが違うものです。私はちょっと畑がやれて、小屋程度の小さな家があればいいやと考えていたんですが、夫は広大な土地が理想で、もっと自然とガッツリと関わりたいと思っていたり。実際に、田舎の不動産を一緒に見ていくなかで、その価値観が違うことが分かりました」

”自然と暮らす”というテーマの中にも、やはりそれぞれの好みや価値観がありますね。制限が少なくなり、自由度が高くなると、価値観のズレってわかりやすくなりますね。

 

  • 家は資産という親世代の理解を得られない

「田舎の不動産とはいえ、小さくない金額がかかるので、双方の両親を含めて親族の心配も大きかった。『後で売るにも売れない不動産を買ってどうするんだ?』という訳です」。少し上の世代では、こうした田舎暮らしの価値観自体が分からない・共感できないということも実際にはあるようだ。

カタチに残らないものを、価値と捉えられない方たちには、理解は難しいでしょうね。特に、物が不足していた時代の方たちならなおさらです。

でも今のモノ余りな世代だと、”体験”に価値をおいている方が増えてきている気がします。

 

  • 何を”贅沢”と考えるかで、可能性は大きく異なる

「当然、二地域居住は、もう一つの住宅、往復の交通費や光熱費など追加の費用がかかります。これについては、私たち家族の『贅沢』だと考えています。東京に暮らす普通の家族は、たまにリゾートに旅行に行ったり、いい服を買ったり、子どもを合宿や塾に通わせたりします。私たち家族にとっては、その代わりがこの房総の家なのです」という割り切りがある。

田舎での住宅費用や光熱費などは、過ごしやすい場所であれば、少額に抑えやすそうですが、交通費は毎度のことなので、ルートによって大きく異なりますよね。なので、二地域を結ぶ交通ルートが整っている(安価)ことが、キーポイントになりそうです。

また、馬場さんのように、何を”贅沢”とおくかが、長く続けられる秘訣なのかもしれません。安易な憧れだったら、1日体験などの宿泊程度で十分な気がします。

”暮らしの中に都会と田舎の両方を取り込める贅沢さ”は、これからの家づくりのヒントになりそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem