寄せ集めの建築家展はもう古い。展覧会も企画が大事!

昔、建築家が集まった展覧会ってよく見かけたようなきがするのですが、最近あまり見ませんね・・・

複数人の建築家が集まる展覧会系のイベントは、もっと増えてほしいなと希望しています。

東京・銀座で「建築家が選んだ建築家展」開催 – 住人が主役の作品を紹介

立川ブラインド工業は9月2日から13日まで、東京都中央区の「タチカワブラインド銀座スペース オッテ」にて、「建築家が選んだ建築家展8『住む=スペシャルな家』」を開催する。

同展は、建築家で構成する「AtoA Project」が主催。「住む=スペシャルな家」をテーマに、東京以外の関東圏内で活躍する建築家4名の作品を、パネルや建築模型でわかりやすく紹介する。また、過去に紹介してきた建築家28人のダイジェスト版も展示する。

atte_image2

タチカワブラインド銀座スペース オッテ

こういうイベントは、昔、工務店もよくしていたような気がするのですが・・・今後、やってみてほしいですね。

気を付けなければいけないのは、ただ寄せ集めただけでは上手くいかないですよ。適当に「この人デザインがいいから」「この人雰囲気がいいから」で選ぶと失敗します。昔、これで痛い目にあっている工務店を何社か知っています。

昔は建築家自体が物珍しく、それだけで集客もしやすかったですが、今では溢れかえっている状態です。なので、イベント自体の企画がありきで、その企画に沿って、参加してもらう建築家を選んだほうがいいですね。もちろん、企画自体が、お客さんからみて魅力的である必要があります。

あと、デザイン性の高い家は好きだけど、「作品」と呼ばれるのは嫌という方も増えたりしていますので、やはり、全体をわかりやすく伝えるための企画って大事ですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem