一方的な「ために」は危険!

井内はよく、「施主」という言葉を使い、
「施主目線」という表現もしたりします。

立場に立つという意味ですね。

実は、

「ために」と「立場に立つ」とでは
大きく違います。

過去、

「お客様のために」という考えで、
落とし穴にハマっている人を
何人も見てきています。

顧客は何を求めているか?
これを考える必要があるのですが、

住宅の場合、幸運なことに、
そのヒントを施主から学ぶことが
できるんですよ。

そのヒントを元に、
集客へと結びつける施策を
行うわけです。

こういう風にしていくと、
ブレることが少ないんですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

一人で集客活動をされている”年間20棟未満の工務店経営者”&”建築士”の方向けに、見込み客を効率的に獲得する方法をプレゼント!集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem