ライバルが増えているから、学んでいること

先日、リフォーム系の
営業・販促・集客の研修を
企画する会社の方と、

打ち合わせをさせてもらいました。

やはり、リフォーム業界は
勢いがありますね。

ただ、その反面、参入者が
増えてきているようです。

例えば、建材関係の代理店。

代理店としてだけでなく、
そこからリフォームの受注を取る流れも、
生まれてきています。

しかも結構、やる気ある方が
多いみたいです。

そりゃそうですよね。

物の小売だけで留まるより、
施工まで請けた方が、
利益になりますしね。

元請けになれるなら、
なりたいという思いも強いようです。

ただ、参入者が多いので、
営業スキルなどはもちろんのこと、

どうやって集客をしていくか?
どうやって差別化をしていくか?

という、

マーケティングや集客の部分を
学ぼうとする方も、
増えてきているようです。

リノベーションまでいくと、
ライフスタイルやデザインなどの
訴求で、差別化はしやすくなりますが、

リフォームの場合、依頼者側も、
機能や性能、価格などを
重視する方が多いので、

競合がいる中、
モノだけで何とかしようと思うと、
かなり苦しくなりますね。

リフォームも注文住宅も、
集客のためにやることは多少違っても、
本質的なことはいっしょですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。