住宅にインタララクティブな壁や床が取り入れられる時代も近い!?

世界の絶景にワープする360度バーチャルトリップ「warp cube」が、面白いですね。

download

ドローンで撮影された映像なので、普段見れないような視点で、

  • 富士山(日本)
  • 万里の長城(中国)
  • 上海の花火(中国)
  • グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)
  • ヒリアー湖(オーストラリア)
  • レイキャヴィークの街並み(アイスランド)

を見ることができます。ドローン目線なので、空中の映像が視界いっぱいに広がる爽快感がすばらしいです。空を飛ぶってこんな感じというスピード感で、雲を駆け抜けていくのは、ワクワクしますよ。

そして、この映像を使い、夏頃にauが仮設の建物作って、イベントを行ってたのがこちらです。

最近、映像もインスタレーションというか、空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる方向にいってますね。

こういう映像を使ったインタララクティブ(対話的な)壁や床って、住宅に取り入れたいですね。まだまだ先ですかねぇ・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem