元・日本テレビのアナウンサー魚住りえさんが20年以上のキャリアで培った「伝わる話し方」の全スキル『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』

セミナーや打ち合わせなどをすると、「もっと話し方を上手くしたいな」という思いにかられます(笑)やはり、同じ内容でも伝え方ひとつで、変わってきますしね。家のプレゼンも同じだと思いますよ。

その話し方について、元・日本テレビのアナウンサー・魚住りえさんと、人気落語家の春風亭昇太さんが、話し方についての「秘訣」をお話されている特集記事が興味深いです。魚住さんの出版を記念してのトークショーの様子です。

 

『説得力のある話し方』はどうすればできますか?

この質問に対して、お二人は、昇太師匠は、「自分がしゃべっていることを自分で『面白い』と思うこと」というマインドの部分を。魚住さんは、「声を上手に使い分ける」ことが重要とスキルの部分をお話されています。

「説得力」が増す5つのコツは?

  1. 迫力をつけるには、「いつもより大きめの声」で
  2. 「高すぎる声」は説得力が弱い
  3. 「笑いながら」「スピード感を持って」話す
  4. 相手の「目」ではなく「顔」を見る
  5. 相手が複数の場合は、「ひとりに向かって」話す

単純なことのように思えますけど、やはりアナウンサーの技術は凄いですね。

 

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

魚住さんが20年以上のキャリアで培った「伝わる話し方」の全スキルが、たった50のコツで、仕事も人間関係も驚くほど上手くいく1冊にまとめられています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。