家づくりにもある承認欲求。ネットでもリアルでも自分の承認欲求よりも相手の承認欲求を叶えよう!

Instagram(インスタグラム)を使って、宣伝などで、何千ドルも稼ぎだしていた人気のインスタグラマーが、突然過去の投稿を削除し、演出の実態を暴露して話題になっていますね(笑)

投稿した2000枚もの写真を削除した上で、アカウント名を「Social Media Is Not Real Life.(SNSはリアルじゃない)」と変えて、残した写真を通じて企業広告などの裏側を暴露したとのこと。お金(宣伝費)もらって、宣伝のために偽っていたということですね。

 

人には承認欲求がある。だから、相手の承認欲求を叶えよう!

彼女は、承認を得るためだけにインスタグラムを続けていたようです。SNSでプライベートを露出する方の大半は、承認を得たい気持ちからだと思いますよ。

承認欲求とは、他人から認められたいという欲求や、自分の存在が理想とする自己像と重ねたい欲求などです。細かく言えば、自分が他人よりも優位な関係で認められたいとか、他人と自分の関係が平等だとか、自分が他人から蔑まれたいなどもあります。

家づくりにおいても、お客さんの、自分の話を聞いてほしい、自分のこだわりをわかってほしい、悩みをわかってほしい、という気持ちも承認欲求ですね。

だからこそ、相手の承認欲求を叶えてあげましょう。

ネット関係で言えば、アクセス数が増えた、いいね!の数が増えた、SNS上での友達の数が増えた・・・などで喜びを感じるのも該当しますね。

でも、その辺が自分でコントロールできなくなると、下の動画のような気持ちになるのかもしれませんね。

プライベートをSNS上で周りによく見せようなんて、日常茶飯事だと思いますよ(笑)正直、他人の日常なんて、芸能情報みたいなもので、気になる人は気にしますが、個人的にはどうでもいいです(笑)

10年位前の話でも、施主の影響で、パソコンの活用を覚えた50代の住宅営業マンが、やたら周りのブログにコメントを残してきて、絡もうとしてくることがあったんですが、パソコンを使ってコミュニケーションを取れる自分を認めてほしかったんでしょうね・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem