スマホを家の鍵にするスマートロック。2016年は注文住宅にも普及する?

鍵といえば、鍵を鍵穴に差し込み回すというのが当たり前でしたが、年々、鍵のデジタル化が進んできており、カードや指紋・顔などの認証で、鍵を解錠施錠ができるようになってきていました。ただ、コストが高く、個人宅で導入するには、少しハードルが高かったですね。

ですが、ここ最近、日本のスマートロックが見逃せません。これは普及しそうです。

スマートロックとは?

スマートロックを簡単に説明すると、iPhoneなどのスマートフォンを使って鍵を開けるということです。(スマホを使わないものもありますが、スマホ使用が主流ですね。)

主な特徴には以下が挙げられます。

  1. スマートフォンのアプリから、解錠/施錠ができる
  2. アプリを操作せずに、スマートフォンを近づけるだけでも解錠できる
  3. 解錠後一定時間経過すると自動的に施錠する(オートロック)
  4. 許可した人にLINEやメールなどで一時的に鍵をシェアする
  5. 入退室履歴を記録する

オートロック機能で鍵の締め忘れを防ぐこともできますし、鍵の権限を一時的に受け渡したりすることができるため、鍵を持たない家族や緊急時の対応などに利用することができます。

また設置は、後付です。従来の鍵に対して、サムターン部分を覆うように設置していきます。扉の外側には端末を設置する必要がありません。なので、従来の鍵+αといった感じですね。

鍵なくす人、結構いますからね(笑)そういう人には鍵を渡すより、その人が持ってるスマホを鍵にした方がいいですね。また防犯だと、サムターン回しの時間稼ぎにはなりそうです。

スマートロック「Akerun」

スマートロック「Akerun」

日本国内ではこの3商品が普及。

  • Akerun
  • NinjaLock
  • Qrio

今年の夏に開かれた賃貸住宅フェアでの「スマートロックが引き起こす鍵管理革命」というセミナーで、その3社が一堂に会しています。

今は賃貸とかオフィス系などの不特定多数の方が出入りする扉での普及ですが、来年あたりは戸建て住宅にも普及するのでは?

 

Akerun

スマートロックAkerun(アケルン)は世界初の後付型スマートロックデバイスです。ドアに設置するだけでスマートフォン・携帯が鍵になり、鍵のシェア、オートロック、ハンズフリー開錠が可能。最先端の鍵管理ならAkerunオンライン鍵管理システム。

 

NinjaLock

NinjaLockは工事不要、電源不要のスマートロックです。部屋の鍵をスマートフォンで開けられるようになります。ユーザーを増やすことができるので、家族や一部の許可した人のみ開けられるようにすることができます。また、Wifiとつながれば、遠隔操作で開け閉めすることも可能。自宅にも、オフィスにも、賃貸不動産管理にも使える、万能な鍵システムです。

 

Qrio

Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)は、スマートフォンで鍵の操作をできるようにするデバイスです。LINEやfacebookなどのメッセージ機能を使って、家族や友だちなど来てほしい人に、来てほしい時間だけ鍵をシェアできます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem