ラノベ+リノベ=ラノベーション?『建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。』

最近のリノベブームに乗ってと言うと聞こえが悪いかもしれませんが、宝島社文庫から、『建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。』が発売されています。

珍しさから目に留まりました。表紙の雰囲気からマンガなのかと思いきや、ライトノベル(小説)です。ライトノベル+リノベーションで、ラノベーション?

建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。

建築士・音無薫子の設計ノート 謎(ワケ)あり物件、リノベーションします。

「ご要望はお聞きしますが、
……まずその通りにはなりません」

天才的な観察眼と奇抜な発想で依頼に応える女性建築士・音無薫子。
彼女の元を訪れるのはワケありの依頼人ばかり。
そんな彼女の事務所で一人の学生が働き始めて……。

――想いの数だけ設計図がある
新感覚建築ミステリーが登場!

「――つべこべ言わず、アナタはこの部屋にしなさい」建築を学ぶ今西中(いまにしあたる)が、風変わりな喫茶店で出会った小柄な女性。彼女こそ今西がこれからインターンとして働く建築事務所の代表、音無薫子(おとなしかをるこ)だった。天才的な観察眼と奇抜な発想で依頼に応える彼女の元には、ちょっとワケありの依頼人ばかりが訪れて…。イケメン助手に謎多き喫茶店のママ(?)など個性的な面々が織りなす“建築”連作短編開幕!

天才的な観察眼と奇抜な発想で依頼に応える、女性建築士・音無薫子の元には、ちょっとワケありの依頼人ばかりが訪れて・・・という、新感覚“建築”ミステリーですが、人が死ぬようなサスペンスではないとのこと。

「ご要望はお聞きしますが、……まずその通りにはなりません」
これ大事です。要望を聞いたふりして聞いてないというのは、上手い建築士がよくするテクニックです(笑)

こういった感じで、どんどん住関係をテーマにした読み物が増えてくれると、うれしいですね。というか、今までが無さすぎなんですよ(笑)

建築士を主人公にしたら、色々なネタに展開できるので、話としても面白くなるんですけど、書く上で専門知識が欠かせないから、ちょっと壁が高いですかね・・・今後にも期待したいです。

12月4日に発売されましたが、結構評判が良いみたいなので、正月じっくり読んでみます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem