どこの誰だかわからないレビューは参考にされない。これからは本物であることの信憑性が必要不可欠!

楽天が楽天市場での、「レビューを書いたら送料を無料にする」「レビューを書いたら値引きする」といったキャンペーンを11月12日から禁止したみたいです。

楽天の方曰く、「ヘビーユーザーによるレビューと、サクラ投稿の可能性もある誰だか分からないユーザーのレビューでは書き手の質に差がある」とのこと。

Amazonの方でも、お金でレビュアーを買う違反者がいますが、Amazonの方の違反者はタチが悪いですよ。中身のない電子書籍に、お金でレビュー買って、最後はアフィリリンクって(笑)

 

books-reading-colors3056-1560x1040

どこの誰だかわからないレビューは参考にされなくなる

当たり前のことですけど、レビューにも質が求められてきている時代です。どこの誰だかわからないレビューは、参考にされなくなってきますね。また、本当に書かれているものも、偽物の悪影響で、信ぴょう性が損なわれてしまいます。

集客や信頼性を高めることのできる「レビュー」には、本物であることの信ぴょう性がこれからは必要不可欠です。

注文住宅の場合のレビューは、住まい手である施主の声ですよ。ごまかしとか、詐欺的な見せ方とかは、いい加減止めましょうね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem