2020年度をめどに白熱灯と蛍光灯が製造&輸入禁止!?照明はLEDが主流の時代へ

2020年度をめどに、白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、実質的に禁止する方針を政府が固めたとのこと。エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯から、省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いのようですね。

正確には、一律の禁止ではなく、照明の省エネルギ―化を進めていくために、「省エネトップランナー制度」の対象としていく方針を示したとのこと。経済産業省のホームページに掲載されています。

「蛍光灯は禁止?」の誤解   ※2015/12/12追記

先日、政府が、照明機器の省エネを進める方針を出しました。しかし、一部で「蛍光灯が禁止されてしまう!」、「高価なLED電球を、むりやり買わせられるのでは?」と誤解されています。

個人的には、白熱灯の光具合がすごく好きでしたが、

  • LEDは白熱電球に比べて、85%消費電力が少ない。
  • LEDは白熱電球に比べて、20倍長持ちします。

というベネフィットで訴求されたら、電気料金が上昇を続ける現代社会では、LEDの高いエネルギー効率に切り替えざるを得ないですね・・・

今のLEDは、光の加減も初期の頃よりは良くなっているので、より心地いい光へさらに進化していってほしいですね。

 

IKEAの照明は全てLED

IKEAでは、全ての照明がLEDのため、2015年11月26日(木)~12月13日(日)の間、すべての照明20%OFFというキャンペーンを行っています。

最新の省エネ電球として知られるLED電球が、スーパーヒーロー並みにスゴイことを知­っていますか?
このダンスを見れば、そのスゴさは一目瞭然!
地球にも、皆さんのお財布にも、そして遠くのお友達にも優しい、イケアのLED。
LED照明は白熱電球にくらべて、消費電力が85%も少ないうえ、約25倍も長寿命。­これなら、地球にも皆さんのお財布にも優しいことは間違いありません。LEDに替える­だけで気候変動に貢献できるのです。
イケアは地球温暖化対策に真剣に取り組んでいます。だからLEDを皆さんにお勧めして­います。
さらに、もうじき始まるキャンペーン期間中、LED電球を含む全ての照明商品をご購入­いただくごとに、IKEA Foundationは1ユーロをUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄付しま­す。寄付金は、難民キャンプで暮らす多くの家族が、より安全で快適な暮らしを送れるよ­う、役立てられるのです。

 

東芝は一般白熱電球の製造を2010年3月17日に中止していた。

東芝は、早くから一般白熱電球の製造を中止していました。120年間にわたり継続してきた事業をスパっと切り替えてました。

その後、東芝が流していたLEDのCMは、凄く感動する内容でしたね。

LED 「10年カレンダー」篇

 

照明は大事。でも明るければいいってもんじゃない。

先日、とある飲食店に行った時のことですが、照明がやたら明るすぎて、料理が安っぽく見えてしまうということがありました。やはり照明は明るければいいってもんじゃないですね。

光のことについて評価が高いのが、日本の「闇と光」や「薄暗さ」について多く語っている本、谷崎 潤一郎の陰影礼賛(いんえいらいさん)です。一度読んでみてはいかがでしょうか。

陰翳礼讃 (中公文庫)

陰翳礼讃 (中公文庫)

  • 作者:谷崎 潤一郎
  • 出版社:中央公論社
  • 発売日: 1995-09-18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem