滞在時間を伸ばすモデルハウスやショールームに必要なのは、体験やくつろぎといった魅力的な時間の提供

ここ数年、アパレルや化粧品ブランドの店舗は、本来の商品とは直接は関係のない空間を設ける戦略が増えています。「スロー・ショッピング」戦略という、ただ商品を販売するのではなく、体験やくつろぎといった魅力的な時間を提供するというやり方です。

リアル店舗は、迅速さと利便性ではネットショッピングに勝てませんが、ネットショップにはできないリアル店舗の魅力を磨き、滞在時間を伸ばすというもの。

例えば、

  • 今年の6月に、バーバリーがロンドンに初のカフェレストランをオープン。
  • 2014年には、ニューヨークでラルフローレンがカフェをオープン。
  • 2013年には、クラブ・モナコがカフェ、書店、花屋を店内にオープン。

ネットでの購入が慣れてきたことや、物が溢れている時代ですから、最近の消費者は物欲を満たすことより体験を重視するようになってきてますよね。その辺を踏まえると、商品を買うこととは違う目的で店を訪れてもらえるかどうかが、成功の鍵になってきているということでしょうか。

unnamed

滞在時間が伸びれば、接触時間・頻度も上がり、信頼関係も築ける

デザインや素材に多少の違いはありますが、ただ見るだけのモデルハウスやショールームだと、どこも同じに見えてしまい魅力に欠け、どうしよう?と悩んでいる方は多いと思います。

だからこの手の話を聞くと、「じゃあカフェやろう、書店やろう、花屋やろう、雑貨やろう」と思いがちですが、無理に手を出さなくても、できることはたくさんあります。

それが「体験」です。

家関係・暮らし関係で体験できることは、多々あります。
その企画を考えるためには、まず、

「家づくりの何が楽しいのか?」

を考え、体験として企画していくべきです。
楽しさが出てこない場合は、この手の施策はやっても無駄な気がします・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem