伊勢神宮が公式ホームページをリニューアル!建て替えは「日本の文化」?リノベーションとは無縁の聖域

伊勢神宮の公式ホームページが、12月14日にリニューアルされています。運営者には、写真をどんどん掲載してもらって、神秘な様子を伝えてほしいですね。

伊勢神宮が公式ホームページ刷新 インスタなどSNS活用も積極的に

公式ホームページでは、「神宮について」「ご参拝・ご祈祷」「祭典と催し」「式年遷宮(2016年春公開予定)」「アクセス」のページを作成し、神宮を詳しく紹介している。「神宮について」の「神宮の音色」には、これまで撮影してきた四季折々の神宮内の画像と録音した神宮内の音を一つのコンテンツにまとめている。

同神宮司庁広報担当者は「試行錯誤しながらになるが、ユーチューブ、フェイスブック、インスタグラムへの投稿を通じて、それぞれのユーザーである若い人たちに伊勢神宮についてもっと興味を持ってもらえるように働きかけていければ」と意欲を見せる。

www.isejingu.or.jp_index.html

伊勢神宮

リノベーションとは無縁の聖域

神宮といえば、全ての社殿を20年ごとに造り替える、神宮式年遷宮が有名です。

式年遷宮が20年ごとに行われる理由は、耐久性の問題ではなく、下記のようなことが理由なんだそうです。(wikipediaより)

  • 建物の「清浄さ」を保つ限度が、20年程度であるため。これは、耐用年数という意味ではなく、神道の宗教的な意味における「清浄さ」である。
  • 建替えの技術の伝承を行うためには、当時の寿命や実働年数から考えて、20年間隔が適当とされたため。建築を実際に担う大工は、10歳代から20歳代で見習いと下働き、30歳代から40歳代で中堅から棟梁となり、50歳代以上は後見となる。このため、20年に一度の遷宮であれば、少なくとも2度は遷宮に携わることができ、2度の遷宮を経験すれば技術の伝承を行うことができる。
  • 旧暦の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」(11月1日が冬至にあたること)が、19から20年に一度の周期(メトン周期)であるため。
  • 一世代がおよそ20年であるため。
  • 神嘗祭に供される穀物の保存年限が20年であるため。

 

建て替えは「日本の文化」?

最近の古いものは何でもかんでも直そう(リノベーションやリフォーム)という傾向に、違和感を感じるんですよね。建て替えかリノベーションかは、その場所での最大価値を考えた方がいいと思っています。

建て替えかリノベーションかは、その場所での最大価値を考えるべき!中銀カプセルタワーは建て替えたら?

2015.12.14

神宮の場合、最大価値を考えたら、神聖な清浄さを保つために建て替えを行う方がいいわけです。リノベーションとは無縁ですね(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem