食は「和食は、引き算。洋食は、足し算。」、住は「間取りは、引き算。暮らしは、足し算。」

日本アドバタイザーズ協会が12月17日に発表した「第54回JAA広告賞 消費者が選んだ広告賞」の最高賞JAA賞の新聞部門の広告が、いい感じで好きですね。

審査基準は、

  1. 感性(好感、共感、親近感がもてる広告であるか)
  2. 理性(わかりやすく、納得できる広告であるか)
  3. 創造性(オリジナリティが感じられる広告であるか)

の3つから選ばれているとのこと。

新聞部門:味の素 和・洋 調味料群「和食は、引き算。洋食は、足し算。」

「和食は、引き算。洋食は、足し算。」

和食は、引き算。洋食は、足し算。

審査委員長のコメント

「新聞という媒体の特徴なのか、消費者審査員は、この広告に対し、非常に分析的な見方をしていた。30段という広いスペースをうまく使っており、ビジュアルは和食と洋食の対比が面白い。メインのコピーが目を引き、ボディコピーも読ませる内容で興味深い。−このように、クリエイティブの各要素を高く評価する声が多かった。」

「和食は、引き算。洋食は、足し算。」いいコピーですよね。写真ともマッチしていて、わかりやすいです。

この広告を見て、浮かんだのが、

「間取りは、引き算。暮らしは、足し算。」

というコピーです。余計な間仕切り壁とかは省き、自分らしく暮らすための要素は足していく・・・みたいな。

使用は構いませんが、写真とマッチしていないと効果ないでしょうし、そもそもが明らかなパクリなので自己責任でお願いします(笑)

 

ちなみにテレビ部門では、過去記事でも取り上げた、東京ガスの「家族の絆 母とは」篇が選ばれています。

東京ガス 企業広告「家族の絆 母とは」篇

審査委員長のコメント

「東京ガスの企業広告シリーズは、こうした広告賞の常連作品。正直なところ、審査員も私も『またか!』と構えて見てしまったが、最後にはやはり目が潤んでしまうのは、さすがの一言。母と息子の日常を描き、日頃忘れがちな感謝の気持ちを思い出させてくれる、消費者インサイトに優れた広告だと思う。」

家族への普遍的な思いを家づくりに活かす!感情をゆさぶる動画のお手本・東京ガスのCM

2015.11.23

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem