住むなら一戸建ての方がよいと思う人64.7%・「生活定点」から読み取る生活者データを集客に活かしてみよう!

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード、2015年度の企業の部のサービス・コンテンツ部門:Bronzeを受賞した「生活定点」が、色々と参考になりますよ。

博報堂生活総研による、2年に1度の定点調査で、1992年から2014年という22年分の生活者観測データ約1,500項目を無償公開してくれています。

seikatsusoken.jp_teiten2014_

博報堂生活総研「生活定点」特設サイト

「生活定点」は、博報堂生活総合研究所が1992年から隔年で実施している生活者調査です。蓄積された22年分のデータを広く様々な人に活用していただくことで、よりよい社会づくりに貢献するため、2014年10月、特設サイトを開設し、データを無償公開しました。

調査項目は、衣食住、健康、学び、働き、恋愛・結婚、消費、メディアなど幅広い領域の約 1,500項目。時系列データは、折れ線グラフ、面グラフ、ランキングで表現。

22年間の推移が似ている項目の組み合せをプログラムで自動抽出した「似てるかもグラフ」など、統計データから発見と驚きを体験できる「生活定点」ならではの機能を開発しました。

クライアント:博報堂生活総合研究所
広告代理店:株式会社博報堂
制作会社:チームラボ株式会社

 

住むなら一戸建ての方がよいと思う?というデータは?

例えば、「住むなら一戸建ての方がよいと思う」というデータでは、以下のような統計がでています。

住むなら一戸建ての方がよいと思う

住むなら一戸建ての方がよいと思う

ここ10年で最低

「あなたの住生活にあてはまるものを教えてください。」という質問に「住むなら一戸建ての方がよいと思う」と答えた人の割合は前回よりやや下降し、2014年は64.7%となりました。
男女差については、2014年は男性の回答率が約7ポイント高い結果となりました。最も特徴的なのは男性60代で、全体より約14ポイント高い78.6%でした。逆に最も低かったのは男性20代で、全体より約9ポイント低い55.5%でした。
地域差については、阪神圏の回答率が約4ポイント高い結果となりました。

その他にも、「木の床(フローリング)が好き」とか「住まいは便利なところよりも自然環境を重視する方だ」などの、住関係のデータもいろいろと掲載されています。

また、「似てるかもグラフ、紹介します!」ということで、閲覧しているデータと同じような形のグラフを、約42,000,000通りの組み合わせから自動抽出してくれています。じっくり見ていくと、他ジャンルとの住ジャンルとの因果関係がつかめそうです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。