新国立競技場の建設は、国産材の普及するキッカケになる!?CLT工法は日本の林業を救う?

新国立競技場の新デザインが国産材仕様の後押しになりそうです。材を縦と横に交わるように積み重ねるた、新たな工法(CLT工法)を取り入れるようですね。

数年前からチラホラ聞こえてきていたCLT

Jパネルなどでその存在は知っていましたが、何分コストが高いし、構造面は強いとわかっていても、データ的にまだまだ不足しているところもあり、なかなか普及してこなかったのですが、これを機に大規模な建築物に普及しそうでしょうか。

やっぱり住宅だと、コスト的に厳しいですかね・・・

 

住宅レベルだと、見た目の悪い国産材を、カッコよく見せるデザインが求められる?

国産材が普及しない理由のひとつに、外国産材が安いため、プレカット工場も工務店も、自然と外国産材を使うわけです。構造材を安いホワイトウッド集成材したり・・・

ですが、見た目の悪い国産材を、うまく使いこなす方法も出てきています。下の例だと、松くい虫被害に遭い、青色に変色したアカマツを、建材として上手く使っているようですね。

木材は、強度や耐久性に関係なく、節などの見た目で値段が変わりますからね。見た目だけの問題であれば、使い方によっては、国産材を安く使うこともできますね。

国産材を見直す動きが広がりつつある。建材には向かないとされていたカラマツを家の外壁に使ったり、虫に食われたアカマツやスギを住宅の一部に有効活用したりして、デザインや低コストをアピールしている。国内林業の活性化につなげ、森林を健全な状態で次世代に引き継ぎたいとの思いも関係者にはある。

ecb1512131700001-p2

そのまま使うのもいいですが、気にするかしないかに頼らざるをえないので、グレーがかった青色に変色した「ブルーステイン」を、簡単な塗装することで味のある色合いに変化できないんでしょうかね?そういうのあってもいいと思いますが・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem