「私はこの陣地で家づくりをやるんだ!」という旗を立てよう!工務店や設計事務所のポジショニングとは?

ブログをやらなきゃ、Facebookをやらなきゃ、これからは動画?、ホームページをスマホ対応にしなきゃ、事例の写真を撮らなきゃ・・・と、やるべきことは色々あると思います。

やるやらないで言えば、やった方がいいことはたくさんありますが、これらの手法を行う前に、まずは、明確にしておくべきことがあります。

それは、、、ポジショニングです。

ポジショニングとは?

簡単に言うと、市場における、競合に対しての自社の位置づけを指します。

この辺りの「ポジショニングと他社との差別化」という問題を、うまくまとめられている記事を拝見しました。

 

記事の中で、ポジショニングについては、

絞ったターゲットのなかでも当然ながら、競争は発生します。ですから、そのなかでも「自社らしさ」という独自の立ち位置の確保が必要になってきます。この立ち位置を定めることを「ポジショニング」といいます。展開したい製品、たとえばアパレルの場合、自社ブランドのファッションが高級志向なのか庶民的なのか、フォーマルなのかカジュアルなのか、といった観点から二次元マップのように整理して、新たに加わる自社製品が顧客に分かりやすい立ち位置となるのか、近い立ち位置の競合相手がいるのかいないのか、いるならどのくらいの数なのか、といった要素を調査・分析します。

高価格帯と低価格帯には他社の○○があるからうちは中価格帯にしようとか、自社製品のオリジナリティーを出すのであればセミフォーマルにしようとか、競合製品との比較検討したり自社製品の特徴を客観視したりしながら、まさに「立ち位置」を決めていくわけです。

というように述べられており、ポジショニングができたら、次は他社との差別化を図ることが書かれています。

差別化とは、要するに自社製品らしさのアピールです。もっとも一般的な手段はCMです。たとえば、日産自動車の「リーフ」は電気自動車なのですが、CMでガソリン車とレースをさせてその加速性能を強調しました。これは、他の製品との比較によって、性能の差別化を訴えているのです。一方、チョコレートやビールなど見ためや味だけでは大きな違いがわからない製品もあります。このような場合は、その製品のイメージにピッタリなタレントを起用して顧客の感情に訴えるという手法で差別化を使います。

 

ポジショニング=旗を立てること

上記の記事を踏まえ、住宅業界に落とし込んでいくなら、

「私はこの陣地で家づくりをやるんだ!」

という宣言をして、その陣地に「旗を立てること」からポジショニングは始まります。

7068049239_b181df1989_c

さらに、その旗を立てる陣地の条件は、

「自社(自分)がその商圏でNo.1になれるニッチな陣地」

である必要があります。これは資本力のない小さな会社ほど必要になってきますよ。その商圏内で、需要はあるのに、No.1と呼べる存在がいないのなら、狙い目な陣地です。

ただ、決して現時点でNo.1である必要はないんです。今の自分の実力ではなく、その「陣地(ポジション)」に向かって自社(自分)を組み立てていく、そんな感じで始めていけばいいのです。

No.1を目指そう!自分も会社も何だったらNo.1になれるか?

2015.08.09

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem