欠陥住宅の話を聞くたび、家を建てることが嫌になる。

川崎希&アレク夫婦の2014年に建てたばかりのマイホームが、欠陥住宅ということで、新たな家に引っ越しを検討中という記事を見かけました。

建てて5ヶ月でドアとかべの隙間から部屋が見える、ヒビが50cm以上、基礎と土台がずれている、床が傾いているとか、、、まぁ、ひどいですね・・・

川崎希&アレク夫婦のマイホームは欠陥住宅

川崎希&アレク夫婦のマイホームは欠陥住宅

小さなこというと、これよりもっともっといっぱいあるようで、もうほぼ完成してたから妥協するしかなかったとのこと。さらには、納得いくアフターケアをしてくれないことが一番ショックなんだそうです。

欠陥住宅&部屋探し

「家が欠陥住宅でドアが閉まらなくなったよ、、
ヒビ や傾き 基礎のズレだけ、じゃないんだえーん
建てたハウスメーカーに説明を求めたら
もー、説明済みだから 連絡してくるな
みたいメールが入ってきたからね、、、」

で、次の新居(マンション)を探し中・・・

ちなみに、建てた会社はこちらのようです。

ameblo.jp_alexander1203_entry-11680798233.html

2013年07月31日

何が本当なのかはわかりませんが、家を建てることが嫌になる話ですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。