原爆投下後の広島の仮設住宅は、トタン小屋ではなく木造の平屋!

「こんな資料が残っているんだ」と目が止まってしまったのが、こちらの映像です。

原子爆弾が投下された翌年1946年(昭和21年)4月頃に、アメリカ軍が撮影した広島のカラー映像です。ナレーションやBGMなどは一切ありませんが、当時の様子が伝わります。

職業柄気になったのは、映像内の1:38~2:19で映されている仮設住宅です。この時代であれば、はだしのゲンのトタン小屋のイメージが強かったのですが、ぱっと見それなりの、木造の仮設住宅が建っています。

kasetsu1 kasetsu2 kasetsu3

燃え残った木を見ても、間違いなく原爆投下後の広島だと思います。昭和21年の4月頃であれば、原爆投下から8ヵ月ぐらい経っていますね。

多分、断熱材は入っていないでしょうし、壁も板壁で薄そうですが、結構な棟数が建っていますので、資材や職人の手はある程度は十分にあったんですね。意外でした。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。