建設業の有休取得率が平均38.1%って意外と多い?

先日、ワールドビジネスサテライトで特集されていましたが、大手住宅メーカーの積水ハウスが、有休取得率は約30%で、建設業の平均38.1%を下回っているため、休みを取りやすくするよう、新しい勤怠管理システムを2月から導入したとのこと。

www.tv-tokyo.co.jp_mv_wbs_newsl_post_105104_

有休取得率アップに取り組むのが、住宅メーカーの積水ハウス。2月から有休の呼び方を一部変更し、孫の世話には「孫休暇」、家族の記念日には「アニバーサリー休暇」、ほかには「自分磨き休暇」など7つに区分します。有休の目的を明確にして、取得しやすくする狙いです。

代休でも取りにくい雰囲気を醸しだすのが会社ですからね(笑)経営者からしてみたら、馬車馬のように働いてほしいのが本音でしょう(笑)

結局、有給休暇がほしいという方って、正社員であろうが時間給の働き方だから、そんな考え方になるんでしょうかね???または好きな仕事じゃないとか。そういう人だから、有給休暇を取って数日いなくても、問題ないことの方が多い(笑)

 

ずっと「安月給」の人の思考法

ずっと「安月給」の人の思考法

  • 作者:木暮太一
  • 出版社:アスコム
  • 発売日: 2013-04-18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem