巨大地震は来ると思うけど、自分は地震に遭わない?

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)が2月10日に発表している、「巨大地震への意識と工事実施の関係」という調査データが興味深いですね。

85%以上の方が「巨大地震が発生する」と考えているが、自分が巨大地震に遭うと考えている方は7割!

「日本国内で、10~20年以内に“東日本大震災”クラスの 地震が再度発生すると思いますか?」という質問に対しての、回答傾向は、85%以上の方が「巨大地震が発生する」と考えており、 地震発生への意識は高い状態を保っている。とのこと。

ですが、「東日本大震災クラスの地震に、 ご自身が遭われると思いますか?」という質問に対しては、「自分が巨大地震に遭うと考えている方は7割!」という意識が低下傾向にあるとのこと。

0003 0004

巨大地震への意識と工事実施の関係

7割は遭うと思っていますが、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますか、「自分だけは大丈夫」ってよくある人間の心理ですよね(笑)

 

耐震基準は、また改正される?

耐震基準や建築基準法は、大地震や耐震問題の度に改正へと進んでいますが、

  • 1995年、阪神淡路大震災 ⇒ 2000年改正
  • 2004年、新潟中越地震 ⇒ 2005年改正
  • 2006年、耐震強度構造計算書偽装事件(姉歯事件)⇒ 2007年改正

これ以降はされていないので、

2011年の東日本大震災や、昨年のマンション傾斜問題を受けて、また改正へと進んでいくんでしょうかね?マンション傾斜は耐震問題ではないけど、構造に大きく関わりますから。

ただ、どんなに基準値を上げても、ちゃんと建てなきゃ意味無いですよ(笑)

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。