藍染杉フローリングに留まらず、日本の伝統色で染められた木材が広まってほしい!

徳島の地域特産資源「徳島(阿波)藍」を使った、面白いプロジェクトが始動しています。徳島の藍染めを、いろいろなモノと掛けあわせて、広めていこうという内容です。

掛けあわせたものには、食品や建材などがあり、今後も増えていきそうですね。

th_img_89943_1 th_aizome-floor0009-950x605

藍染杉フローリング、いいですね。色合いに品があります。(コスト面が気になるところですが・・・)

以前、こちらの記事で、「青色した木材は、簡単な塗装することで、味のある色合いに変化できないのか?」みたいなことを書きましたが、

新国立競技場の建設は、国産材の普及するキッカケになる!?CLT工法は日本の林業を救う?

2015.12.31

この団体の横展開でもいいですし、影響受けた他のところでもいいので、徳島の藍染めにかぎらず、日本の伝統色での染められた木材などが、普及していってほしいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。