まだメルマガ始めないの?企業からの情報取得・閲覧には「メール」が安定した人気

メール、LINE、ソーシャルメディアなどのツールの中で、ユーザーは企業からの情報を、どのように取得したり閲覧したりしているのか?

という、最新調査結果を、エクスペリアンジャパンが2月16日に発表しています。

 

調査結果の気になる部分をまとめると、

  1. ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールがNo.1
    95.4%がメールを利用、次ぐLINEは対前年の約2倍と急激な伸びを見せ68%が利用
  2. 30代以上のユーザーにおいては、企業からの情報収集・検討・購入のきっかけとなるメディアとしてメールがNo.1。
    20代以下ではLINE、Twitterの寄与度がメールに迫る
  3. 全ての年代において、メールマガジンをスマートフォンで閲覧する割合が増加
    パソコンでの閲覧は減少。特に20代以下、30~40代におけるノートPCの減少が目立つ

LINEやFacebookなどの普及は勢いがありますが、コミュニケーションで使うのと、情報収集で使うのが、必ずしも一緒とは限らないということですね。

その辺りを考慮すると、個人的な知らせならSNSで、企業からの案内ならメールといったところでしょうか。新しいツールが出る度に「メールはもう古い」などと言われてきてますが、メールの安定感は10年以上続いているわけですからね。

 

ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールがNo.1。

95.4%がメールを利用、次ぐLINEは対前年の約2倍と急激な伸びを見せ68%が利用

release_20160216_001

LINEの場合、コミュニケーションと情報受信が一緒になりがちなので、クーポンなどの衝動買い情報なら合うんでしょうけど、仕分けしにくいので、ネットを使いこなせる人ほど、企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアには、メールが相性良いと思いますよ。

 

30代以上のユーザーにおいて企業からの情報収集、検討、購入のきっかけとなるメディアはいずれもメールが50%を超える。

release_20160216_002
  • 情報の収集や閲覧のきっかけ
  • 商品の購入やサービスの申し込みを検討するきっかけ
  • 商品の購入やサービスの申し込みの決め手

のメディアの利用目的別いずれも、「メール」は、全年代で1位ですし、30代以上では5割を超えています。やはりなんだかんで、まだまだメールは強いことがわかりますね。

 

全ての年代において、メールマガジンをスマートフォンで閲覧する割合が増加。

パソコンでの閲覧は減少。特に20代以下、30~40代におけるノートPCの減少が目立つ

release_20160216_003

パソコンのメールもスマホで送受信できますし、スマホがあれば、パソコンいらないという方もいるでしょうから、どんどんスマホで閲覧する人は増えますよ。

家づくりを考えている世代(30代~)の利用状況を考えると、スマホ×メルマガを狙っていくのは必然ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem