左官職人になる旅に出ましょう!一日見習いとして左官職人の仕事を体験できる仕事旅行!

壁塗りに挑戦したい!壁塗り技術を学びたい!左官の仕事を目指している!という方は、ぜひこちらの情報をチェックしてみてください。

西日暮里にある原田左官工業所にて一日見習いとして左官職人の仕事を体験ができますよ。一日掛けてしっかりと体験ができます。

時間 行程 体験内容
8:50 原田左官工業所集合
9:00 オリエンテーション 1)自己紹介
2)職場案内・スタッフ紹介
3)体験の流れ説明/注意事項説明
9:30 プロジェクトの説明 1)左官仕事について
2)原田左官工業所の説明
3)左官の種類・道具の説明
10:00 しごと体験(左官体験/下地作り) 1)手順の説明
2)養生・材料準備
3)下地作り
11:00 しごと体験(左官体験/仕上げ) 1)手順の説明
2)仕上げ作業
12:00 昼食休憩(フリー質問タイム) 1)会社について(会社の運営について)
2)左官の仕事の考え方(醍醐味・こだわり)
3)今後の展開について
※お昼代は参加者負担になります。
13:00 しごと見学 1)特殊仕上げ・特注左官仕上げのサンプル板紹介
・塗り版築仕上げ、立体仕上げなど
2)オリジナルの塗り壁材(フルーフレ等)について
14:00 現場へ移動
14:30 しごと見学(現場見学) 1)作業中の現場に訪問し作業内容を拝見します。
※基本的に住宅現場を訪問
15:30 体験まとめ 1)仕事旅行の感想(楽しかった体験など)
16:00 仕事旅行終了!

「塗る」は、プロと施主が一緒にできること

「塗る」という行為は、DIYするには一番取り組みやすいので、左官屋さんも施主も一緒に塗ることで家づくりの接点を持つことができます。

ただ、一見簡単なように見える「塗る」という行為は、実は一番奥が深いと思いますよ。

塗るだけでなく、柱や枠、床に付いてしまわないよう、しっかりと養生できることも必要ですし、左官材料によっては、調合も大事です。

また、「こねて、塗って、直して、こねて」という作業を繰り返します。これが結構な筋力を使うんですよ。さらには、模様などの高度なコテさばきや、高いところや階段などの複雑なところを塗るのも、経験が必要になってきます。

ですが、、、

そういうことよりも、「塗る」という楽しさを味わってほしいですね。そして、それを一般の方にも伝えてほしいですね。

 

左官とは、塗り系最高クラスのジョブ。

以前、紹介しました「給料BANK」では、カッコよく紹介されていますよ。

左官とは、塗り系最高クラスのジョブ。「調合」と「塗り壁」のダブルスキルを持つ。職業です。

sakan1

塗り系最高クラスのジョブ。「調合」と「塗り壁」のダブルスキルを持つ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem