いい写真が撮れないなら、施主に撮ってもらったら?販促物や発信する情報に『一緒につくる』視点を取り入れてみよう!

今年の初めに出版された、NMB48・山本彩さんの写真集『みんなの山本彩』の、制作への取り組み方が興味深く、話題にもなりました。その企画の取り組みも影響してか、売れているみたいですね。

みんなの山本彩

みんなの山本彩

ファンと一緒につくる写真集

その取り組みとは、「山本彩を街で見つけたら誰でも写真取り放題」という企画。

一般の方が街中で撮影した写真と、メンバーやスタッフによって撮影されたものも含めて600点以上を収録した内容になっているようです。

こういったファンと繋がる作品作りで得られるものは、

  • 制作費が安く抑えられる。
  • ファンを巻き込むことができる。
  • 新たな視点(ファンの視点)を発見できる。

などが挙げられます。

上記の写真集のようなメリットは、アイドルとファンとの関係性ほどではないにしても、注文住宅でも、施主を巻き込むことができますよ。

 

注文住宅にも活かすことができる企画

企業向けの場合、販促物や発信する情報って、ノウハウとかヒントとか視点とかでもいいですが、

一般向けの場合、これからの販促物や発信する情報って、「一緒につくる」とか、「繋がる」とかが、重要なキーワードになってきてます。

例えば、注文住宅の場合だと、「お気に入りの場所」などテーマを決めて、施主から写真を募集したっていいわけです。

制作費が安く抑えられる。

カメラマンに今は、一般の方が手にするカメラの性能もレベルが高いですし、写真好きな人は下手なカメラマンよりも上手く撮れます。カメラマンに依頼したら、たった数枚で◯万円は掛かりますからね(笑)

施主を巻き込むことができる。

自分の撮った写真が使われるなら、こんな嬉しいことはないですよね。間違いなく、特別な感情が生まれます。自慢もしたくなるでしょうから、口コミにも繋がります。

新たな視点(施主の視点)を発見できる。

つくり手側の視点と、住まい手である施主の視点は、やはり異なります。例えば、気に入っている場所ひとつとっても、つくり手側にはない視点に気付かせてくれます。

 

もちろん、全部の販促物や発信する情報を、「一緒につくる」「繋がる」とかを含む必要はないですが、一部でも行うと、印象がガラッと変わりますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem