ベストセラー1位?一晩でアマゾン認定のベストセラー作家になる詐欺的方法

Amazon内での商品名の脇に「ベストセラー1位」というタグがありますが、たった5分の時間とわずか3ドル(約330円)という費用で「ベストセラー1位」にしてしまう裏技があるんだそうです。

top
  1. 本を書く(~2秒)
  2. Amazonにアップロードする(~3分)
  3. 友達3人に本を買ってくれるようお願いする(~1分)
  4. 本を販売する
  5. ナンバー1ベストセラー作家へ

この方法を使えば、一晩でアマゾン認定のベストセラー作家になれますね。一瞬ですけど(笑)詐欺的に使うなら「ベストセラー1位」になった瞬間を、キャプチャーして、信用を得るための証拠として使い倒すんでしょうね・・・「ベストセラー1位」になったのは嘘ではないですから(笑)

システムの穴というか、Amazonは、べた褒めの嘘レビューも多かったりするので、サービスの便利性に加え、情報の信頼性・信ぴょう性を高めてほしいですね。なんだか、本当にベストセラーになっているものも、怪しく思えたりします。

ちなみに、紙の出版物でも、出版社が発行している発行部数を増やして、人気に見せかける方法もあります。で、実際は大して売れてないとか(笑)

 

上辺だけの情報は信用されない。

上記のAmazon以外ですと、

昔、飲食の口コミサイト「食べログ」で、業者による「ヤラセ口コミ」の問題が起きたのをご存知でしょうか?業者が店舗からお金をもらって、都合の良いように口コミを投稿していたというものです。

「嘘をつこうと思えば、いくらでもつける」「ばれやしないだろう」といった、ユーザーを馬鹿にしたやり口には、業者の批判だけにとどまらず、食べログ側も管理体制などを問われ、相当なバッシングを受けていました。

で、その後、食べログ側はどうしたかというと・・・

「信頼できる」「信頼できない」という、レビュアーを判別できるように、システムを強化したのです。

「信頼できる情報」

口コミもお客様の声も、内容に加え、その声自体、信頼できるのかどうか、これも大事なポイントになってきます。かんたんにニセモノを作れる時代ですから、当然の流れですよね。

逆に、本物の声でも、違和感を感じたり、やらせぽかったりすると、ウソなのでは?と、疑われたりするわけです。

上辺だけでは通用しなくなってきてますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem