住宅の話ではないけど・・・触らせただけで販売数が1.5倍、売上げが50%も上昇?

販売数が1.5倍、売上げが50%も上昇した!というのは、住宅の話ではありませんが・・・

スーパーで、トイレットペーパーを袋から出して自由に触れられるようにしたところ、売上げが50%も上昇したんだそうです。

paper

記事の中では、「商品に直接触れることは買い物客自身による商品確認になり、購入への自信が増す」ということで、

商品の品質は、ブランド名、原材料、産地、価格などの商品情報からある程度は判断できますが、それらは自分で確かめることはできません。商品に直接触れることは、買い物客自身による商品確認になり、そうした不確実な部分を減らすことができ、購入への自信が増すのです。商品に触れたことで所有しているような気持になり、商品の価値評価が上がることを示した研究もあります

と、記されています。

また、心理学における人間の感覚の研究において、モノの性質には、

  • 大きさや形が主要な属性となる「形状的性質」
  • テクスチャ、粗さ、硬さ、重さ、温度などが主要な属性となる「材質的性質」

の2タイプがあるとのこと。

形状的性質を持つ商品は、視覚が優先されるので、写真や映像などでも伝えやすいですが、材質的性質をもつ商品は、触覚が、人間の知覚において重要な役割を果たすとのことです。

やはり、材料にコダワリたい方は、触れる機会(接触する機会)を増やしていく必要がありますよ。例えば、杉板の柔らかさや温かさは、触って感じてもらいたいし、できるなら素足でも確かめてもらいたいですよね。

また、触れる機会(接触する機会)を増やすということは、信頼関係を築くことにも繋がります。

 

建材や林業系で「触れてもらおう」というイベントが増えてきた

ここ最近、建材や林業系は特に、「触れてもらおう」というイベントが増えてきた気がします。

吉野杉や吉野檜(ひのき)で知られる「吉野林業」。その中心地・川上村を訪ね、大木の伐採を見学するツアーがある。外国産に押された林業に、消費者に親しんでもらおうと、15年前に住宅メーカーと地元が始めた。1月末に開かれたツアーに、記者も同行した。

木の手触りや香りを気軽に楽しんで、と材木商「吉田悦造商店」(尼崎市東難波町5丁目)が、在庫一掃の「だんしゃり市」を開いている。

ただ触れるだけではつまらない?

とはいえ、単に触れるだけでは、エンターテイメント性に欠けるというか、魅力が乏しいんですよね。木材も住宅も日用品ではないですから・・・となると、エンターテイメント性の強い企画に巻き込んだ、材料との接触は必要になりますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem